ハンディブロワーを作る

ハンディブロワーを作りました。3Dプリント中にスポット的に樹脂を冷やして固めたり、机の上のゴミを吹き飛ばしたりするのに使います。

s-blower015

DC12Vで動きます。

爆音に耐えられず取り外していた40mmファンの活用方法を考えました。小型ながら風はしっかり出ていたので、ブロワーに使えば丁度良さそう。

s-blower001

秋月で150円のDCファン

樹脂はたまたま3Dプリンターにセットされていた透明ABSで。

s-blower002

本体部分です。

s-blower003

こういう部品は今までならボール盤で穴あけしていましたが、3Dプリンターを使えば楽々。

s-blower004

ノズルです。長さは160mmほどあります。先端の径は10mm。

s-blower005

ボディ部品が揃いました。

できるだけ小型化するため、ファンのネジ穴部分はカットして使います。

s-blower006

耳の部分をカットして8角形。後側から押し込みます。

s-blower007

前側。ノズルの固定はネジ式。

s-blower008

スイッチとDCジャックをハンダ付けします。

s-blower009

本体組付け完了。ファンガードは折角なんで六角穴になってます。分かりにくいですけど。

s-blower012

ノズルを締め込んだらハンディブロア完成です。

s-blower013

実は・・風が勢いづくのではないかとノズルに螺旋の壁を付けています。

s-blower011

でも全く効果なし。思ったほど強い風が出ませんでした。(ティシューの短冊)

冷却には使えますが、ゴミを吹き飛ばすには力不足といった感じです。自己採点60点。

(2016-01-11 blower01)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル