スポンサーリンク

【3D】単3to単2電池アダプター/Brimが出来ない時【CURA】

単3乾電池を単2サイズに変換する電池アダプターを作りました。

100均でアダプターを買ってきてもいいのですが、作っても簡単です。

構想・設計

石油ストーブの点火スパークが弱くなってきたので電池交換です () 。安いマンガン電池でも2-3シーズン使えますが、さすがにもう限界。次はアルカリにしたいのですが、単2は1本100円します。単3アルカリで安く済まそうと思い、電池アダプターを作ることにしました。

記事を下書きしたのは2月です。時期的にアレですが、ご了承ください。

単3乾電池を押し込むと、電池を支える6つのヒダが外側に広がるイメージです。樹脂のバネ性を利用するのでフィラメントはABSを使います。(PLAだと折れる可能性が高いです。)

単3の直径14mmに対して、ホールドする部分を0.1mmオフセットしてみました。

直径で0.2mm小さくして、外側から乾電池を挟み込む設計。

3Dプリント

収縮率が大きい素材の長物をプリントする時はベースに貼り付く”Brim”を付けておきます。これがあるとベースから剥がれて倒れたり、失敗する確率が減ります。

筒の周りに付いたエメラルドグリーンの円形が”Brim”です。

収縮を見込んでモデルを1.07倍に拡大してプリントしたのですが、電池を嵌め込んでみるとキツキツです。入れるのも抜くのも大変。0.1mmのオフセットは無いほうが良いみたいです。

0.1オフセット無しにデータ修正後、4つまとめて出力しました。

乾電池が入る所を布ペーパーで磨いて、キツさを調整して完成です。

乾電池を入れるとこんな感じ。

動作確認

単3アルカリでいざ点火!  しかし、ピーーーーー と鳴りません。・・・おかしいなあ。

原因はマイナスのバネが単3乾電池の外側にあって、金属面に接触していないことでした。

マイナスのバネをペンチで中心方向に曲げると、使えるようになりました。

CURAでBrimが出来ない時

長物ABSをプリントする時はBrimを付けないと失敗することが多いです。しかし今回「Brimを付ける設定にしているのに付かない」という現象が起こりました。

SupportはBrimを指定しているのに表示されません。 CURAのバグ?

”Cura brim not working” googleで検索したらすぐに分かりました。

“fixed it by changing my initial layer height from 0.1 to 0.2.” だそうです。

画像引用: Ultimaker Community of 3D Printing Experts

Advanced>Initial layer thicknessで0.1だったのを0.2に変更するとBrimが付きました。

データはThingiverseにアップしたので、使いたい方はご自由にどうぞ。

コメント

  1. mytoshi より:

    単二マンガンと単三アルカリの電気容量は似ていますし、アルカリなら点火時の大電流にも十分対応出来るから、単三使用『有り!』です。

    > 樹脂のバネ性を利用

    電池を入れた時のガタつき無くて保持力安定しますね!
    エネループを装着しても太さの問題無さそうです。

    • oink! より:

      そうですよね。単2を使うメリットがあまり感じられないです。
      そもそもウチで単2を使う製品はこのストーブの他には無いような気がします。
      何となく昭和感を感じるのは私だけ?

      樹脂のバネ性を利用した設計ですが、もう少し肉厚を薄くしたほうが良かったかもしれません。この辺の味付けは実際に作ってみないとわからないですね。

  2. ojisan より:

    いいですね

    3Dプリンターいいですね、でも使えこなせそう無理です
    ああ知恵熱が~・・・失礼しました

    単二電池ですか、そういえば最近使わないですね、単四ばっかです
    特に単一なんてどこかに行っちゃいました?
    懐中電灯と言えば単一だったんですけどね
    角3号でしたっけ、あったような気がします
    006Pもあんまり使いませんね
    過去ですかね

    • oink! より:

      3Dプリンターはもう2万円ぐらいで買えますから、試してみるのもイイかもしれません。拾ってきたデータでも楽しめると思います。

      今までに単2を使った記憶をたどると、目覚まし時計、ラジカセぐらいかな。
      それもハイトップの柄しか思い出されません。
      006Pは私はまだ結構使います。最近は充電式の006Pもありますが未経験です。

      考えてみると、この4D-6Vなら18650×2+DC/DCのアダプターを作るのも良さそうって思いました。

  3. mytoshi より:

    この記事に触発されて、25年前から使用しているパロマのガスコンロの着火用電池(単一マンガンx2個)を、[単三エネループスタンダード]+[百均単一アダプター]に変えてみました。
    結果は何の問題も無く利用できました。

    乾電池を新品に代えてすぐの着火時カチカチ音の速さには至りませんが、通常時のカチカチ速度で点火しました。乾電池に比べて電圧が下がっていますが「電池交換ランプ」が点灯することも無いです。
    暫くこのまま様子見です。

    単一マンガンはダイソーで三本100円+税ですからコスト的には問題無いですが、エネループは予備が有り何かあったら即交換できますので便利です。
    エネループスタンダードは自己放電が少ないので1年くらいは安心して使えそうです。

    • oink! より:

      電圧低めでも問題なしですか。
      逆に電圧高めだとどうなんでしょう?
      ウチのガスコンロも単1が2本ですが、2直のサイズで18650が入るアダプターを作れば便利かなと思いまして。
      max4.2Vぐらいでガスレンジが壊れることは無いとは思いますが、万が一壊れたら出費が痛いです。やっぱりやめとくかな・・・(独り言でした)

  4. mytoshi より:

    > 逆に電圧高めだとどうなんでしょう?

    自己責任で有れば18650でも大丈夫だと感じます。但し、充電直後の4.2Vではなく3.9V位まで下がった場合ですが。

    ガスコンロのイグナイターは3Vで設計されているそうです。
    これの規格は不明ですが、3Vで設計されているDSPラジオは単四x2本に近いサイズのリポ充電池で無事に動作しています。Amazon 「薄型FM/AMハンディーポータブルポケットラジオⅡ」

    DSPラジオ用ICの定格電圧を調べると3V用は「定格3.3V(2.0-3.6V」でした。絶対最大定格は不明ですが定格最大値の3割増し以上は有るだろうと予想しています。4.6V位は大丈夫だろうと思います。

    18650を使った場合に心配なのは
    (1) 過放電。
     ガスコンロで2.0Vまで使えるとすれば18650に対しては完全に過放電状態です。過放電保護回路付きでなければ使えません。
    (2) 自己放電が多い。
     エネループスタンダード並みの安定性は期待薄です。

    • oink! より:

      解説ありがとうございます。
      イメージ的にはイグナイターに掛ける電圧が3Vから5Vに上がった程度では壊れないように思うのですが、温度設定とかLED表示の方が心配です。
      電圧を3Vに下げることができたとしても、「(2) 自己放電が多い。」についてはどうしょうもないですね。

タイトルとURLをコピーしました