スポンサーリンク

【3枚刃】ブラウンシェーバーがバラバラに【修理】

2年半前に買ったブラウンのシェーバー(300S)ですが、使っていたらポロッと3枚刃の部分が外れてしまいました。本来は3枚刃が組まれた状態で取り外して掃除します。

取説にはここが外れるとは書いていないので、異常なことだと思います。

300Sの刃の部品

最初に外れたのは外側の刃です。この3シリーズの刃は網刃と内刃が組まれた状態のASSYが2本両側に配置して、中心にクセ髭用の刃が1本付いています。

外側に蛇腹のような模様が付いています。

網刃は2つありますが、どちらも部品は共通で、外側に3つの突起があります。

中心の刃は両端の突起が片方向にだけ付いています。

中の樹脂部品は片側に青緑っぽい色が付いています。

3本の組刃を受け止める枠のパーツは各組刃とも2本のピンで固定しています。

裏側から見た状態。方向性は無く、シンメトリーです。

本体側。コレはいつも見る光景。先端部を蛇口の水で洗い流しても問題ありません。

組み立て

中心の刃から取り付けました。組刃の片側の突起を枠に当たらないようにくぐらせて、真上からピンを差し込むようにすれば嵌りました。

方向はどちらでも良いと思います。

枠の両脇の尖った所で突起が引っ掛かり、中心の刃が抜けないようになっています。

外側に蛇腹風の模様が来るように突起をくぐらせ、真上からピンを挿すように押し込みます。

反対側も同様に挿し込みます。これで元通り正常な形に戻りました。

裏から見た状態。

10年以上前の油ですが、これを薄く塗っておこうと思います。

数滴垂らしたら、本体にセットします。

あとはスイッチを入れて油をなじませたら完成です。

まとめ

外れた時は焦りましたが、組み直すのは簡単です。丸棒を折らないように注意すれば大丈夫。

完璧に掃除するなら、むしろ網刃内刃カセットを組刃3本にバラした状態にして、石鹸を付けて筆で洗い、最後に水で洗い流したほうが良さそう、って思いました。

ちなみにこの300sは安いモデルですが、バッテリーが空になったらコードを挿して100Vで使えるのがありがたいです。キワゾリが付いてないのがアレですけど。

コメント

  1. ojisan より:

    へぇー
    こんなになるんですね、それにしてもバラけるのはいかがなものかと思います
    自分も同じものを使ってますが、なんともありませんよ
    天下のブラウンが、ちょっと情けないです
    十年とは言いませんが五年は持ってほしいですけども

    • oink! より:

      どうやって外れたのか忘れましたが、簡単に取れたと思います。
      外側に出ている爪で引っかかっているだけなので意外と弱いです。
      でも爪が折れるわけではないので、組み直して使えます。
      替刃(ASSY)の値段は安いので、まあこれでもいいかなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました