スポンサーリンク

【core i3-13100】自作デスクトップPC【まとめ】

11年ぶりに刷新した自作デスクトップPCが完成したので要点をまとめておきます。

Core i7-3770 + ASUS P8H77-V → Core i3-13100 + ASUS PRIME B760-PLUS D4

ケースは18年前の製品。CPUは第3世代から第13世代へと10世代飛躍しました。

完成までの流れ

LGA1700のM/B購入

Windows11に切り替えるのを見据えて、マザーボードとCPU、メモリーを刷新することにしました。Core i3-13100をベースに内蔵グラフィックを使って省エネマシンを目指します。

とりあえず主要パーツを購入。 合計35,000円ほどかかりました。

【core i3-13100】自作デスクトップPC【購入編】
そろそろWindows11を見据えたPCに刷新しようと思い、パーツを買い揃えました。今回の記事はパーツのチョイス、それにした理由などを書いてみたいと思います。 何を買うべきか調べるのが一番メンドクサイ作業です。決まったらあとは早い。 方針変...

 

事前にMBRからGPTに変換

事前に今後のPC(Microsoftアカウント)の運用方法を検討。

 

新PCで内蔵グラフィックで使えるように、旧PCでSSDをMBRからGTPに変換しておきます。

【core i3-13100】自作デスクトップPC【準備編】
11年ぶりにPCを刷新するのですが、最新世代のマザーボードは内蔵GPUを使う場合、MBRで起動できないらしい。なので事前にSSDをMBRからGPTへ変更しておく必要があります。 「ファイル名を指定して実行」に"msinfo32"で確認。レガ...

パーツの組み立て

全てのパーツが組み込み完了。

【core i3-13100】自作デスクトップPC【組立編】
新しいPCの主要部品が揃ったので、ケースに組み込んで使えるようにします。 このケースを空にして新しいパーツを組み込みます。 ケースの準備 ケースは2006年製3R Systemの製品。まずは中身を空にして掃除します。 入っている主要パーツは...

 

大きな問題なくWindows10が起動できました。

【core i3-13100】自作デスクトップPC【設定編】
P8H77-Vで10年使って来たSSDをGPT変換して使用したのですが、すんなりとWindowsが起動しました。ここでは細かい設定方法や、発生した不具合とその解決方法を書いておきます。 最初の一回だけ出現したAmiBIOS Biosの設定を...

Windows10の認証

デジタルライセンスを認証

注意点

  • 最近のマザーボードは、外付けグラフィックを付けないとCSMを有効にできない。内蔵グラフィックを使う場合は事前にMBRからGPTに変換する必要がある。
  • MBR2GPTコマンドで変換できるが、有料のEaseUSやAOMEIを使ったほうが簡単。
  • Windows11を使う場合はUEFIと、セキュアブートが必須項目。
  • MSアカウントは新規インストールでも継承される。ただし、M/Bを交換した場合も適用されるのか不安があったので、旧SSDを使って新M/Bを紐づけることにした。

 

内蔵グラフィックを使っていると、CSMを有効に変更できない。

発生した不具合

(解決済み)

  • メモリーが認識しない→ 嵌め直す(ちゃんと嵌ってなかっただけでした)
  • いくつかのソフトが認証されない→ S/Nの入れ直し
  • 4Kが30Hzになってしまった→ インテルのUHD730ドライバーをインストール
  • PT3が使えなくなった(Bon Driverが・・・と出る)→ BiosでPCIセッティング変更

 

4K60Hzにするには初めにドライバー&サポート・アシスタントをインストールすれば良い。

 

PT3が使えなかったが、PCIサブシステム設定をDisabledに変更して解決。

まとめ

以前から使っていたSSDをそのまま流用する方法で、CPUとマザーボードを最新の製品に変更することができました。CPU性能は2.3倍にアップし、快適です。

これでいつでもWindows11にバージョンアップできる状態となりました。

 

良くなった点

  • LAN2.5Gのせいか、WEBの表示が明らかに分かるぐらい速くなった
  • ファンの音が静かになった。(スリープ中かと思うぐらい)
  • CPU性能が2倍以上アップしたため、キビキビ動作するようになった

 

イマイチな点

  • メモリー:16GBだと常に70%ぐらい使われている(Chromeでエラー頻発)
  • 内蔵GPU(UHD730)は外付けGPU(GT1030)よりももたつく(気がする)

 

対策で改善

  • メモリーを32GB追加した→ メモリー使用量が70%→20%に低下し、Chromeでエラーが出なくなった
  • 外付けGPU(GT1030)に戻す→ 消費電力は増えるが、こっちの方が動作は良さそう

 

その他の問題点

  • YouTubeやTVを見ていると徐々に映像が遅れてくる。

→音声出力をアナログからHDMIに変更したが改善しない。(調査中)

  • YouTubeを見ていると、不規則にブツ、ブツと歪んだノイズが発生する。

→オーディオドライバーをASUSのDVDからインストールしたが改善しない。(調査中)

 

最終的にメモリーは48GBに増量。GPUは当初、省エネのために内蔵GPUを使うつもりでしたが、43インチ4Kディスプレイ用に買ったGT1030を使用することにしました。ストレージは全て流用品です。消費電力はアイドル状態で38W前後で、以前のP8H77-Vとほぼ同じです。

あとはSSDをSATA からM.2(NVMe)に交換して更に高速化を図ろうと思っています。

(満足度:90)

 

https://amzn.to/3TaMf3r
https://amzn.to/3IwwwFT
https://amzn.to/3T8HZS0
https://amzn.to/3T83Fxs

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました