TZR・チャンバークリーニング

不調のTZR250Rを直す、その第一弾はチャンバーのクリーニングからです。片肺になる左側は燃えカスが溜まっているんじゃないか?と予想。ということで、サクッと外してみました。

2本あるべきスプリングが1本しか掛かって無いことに今更気がついたという・・

材料購入

TZRのチャンバーを外すのは初めてです。必要な物をモノタロウで色々と買いました

台湾製のスプリングフック。500円ほど。これは他でも使えるので価値あります。

モノタロウのディープソケット。フランジの所のナットを外すのに使えます。280円前後。

耐熱温度の高い液状ガスケット【KC-084】5g入ですが十分足りて余ります。400円ほど。

左側を分解清掃

前側2個、後側1個のネジを抜けば外せます。中はベトベトかと思っていたら乾いていました。ドライバーを突っ込んで前後に動かすと、結構な量のカーボンが削れました。

100均排水管掃除用のワイヤーにウエスを巻き付けて、管をきれいにします。

サイレンサーは軽く掃除して、継続使用。

スプリングは汎用の安いやつを購入。Dog Fight製800円に対し、南海部品製が350円。

フランジに液体ガスケットを塗ったところ。もう少したっぷり塗っても良かったです。

10数年ぶりにスプリングが2本掛かりました。

左側取り付け完了です。

右側を分解清掃

こちら側も中の状態を確認し、綺麗にします。

取り外した状態。オレンジ色なのは古い液体ガスケットです。

スプリングがオイルでベトベトです。

こっち側は良く燃えているのか、カーボンはほとんど出ませんでした。

パーツクリーナーと真鍮ブラシで綺麗にし、準備完了。

液ガスを塗ってスプリングを掛けたところ。

サイレンサーとの合い面にも液ガス(耐熱温度が低く、少し安い物)を塗って組み付けます。

感想・まとめ

かぶりやすい左側のチャンバーからは湯呑み一杯程度のカーボンが取れました。スプリングも2本になって、排気漏れが減ることに期待できそうです。

エンジンの調子が変わるかは微々たるものだと思いますが、綺麗になると気分がイイですね。

それから、専用のツールがあると作業がはかどることを痛感しました。500円程度で買えるスプリングフックはオススメです。280円程度のディープソケットも前側のナットを外すのに重宝しました。どちらも、もっと早くに買っておけばよかったって感じです。

コメント

  1. tara より:

    エンジンをかけてみた

    という記事がたのしみです笑

    グラスウールは大変なことになってそうですね笑

    • oink! より:

      チャンバーはいつでも外せますから。
      なんですが、リベッターが無いんで、面倒くさいんですよね。

      • tara より:

        ハンドリベッターかっても
        滅多に使わないですよね…
        しかも握力ないと切れないですし…

        でもグラスウール交換できたら
        今よりよくなると思います笑

        • oink! より:

          リベッターは2000円ぐらいで買えますが、中々手が伸びません。
          持ってたら色々使うかもしれませんね。

  2. OJISAN より:

    大昔の記憶ですけども、2ストの場合マフラーが詰まるって聞いたことがあります
    その時は、焚き火の中にマフラーを突っ込んでボーボーと
    燃やすらしいです、するとマフラーの中の燃えカスが無くなって
    排気ガスの通りが良くなるって聞きましたけど、実際にはやったことはありません
    どうなんでしょうか?????

    • oink! より:

      ラッタッタとかタウニーとか、よくマフラーが詰まって坂を登らなくなってました。
      マフラーを焼くのは昔からありますね。
      エアーを送りながらバーナーで火をつけて、エキパイが真っ赤に焼けて火を噴くような感じで。(やったことは無いです。)

タイトルとURLをコピーしました