部屋の照明をソーラーパワーで照らす

現在シーリングライトで照らしている部屋を太陽光発電で作った電気を使って照らします。光源は12V用のLED電球とし、ダウンライトに嵌めて使います。

LEDダウンライト化工事開始。

このシーリングライトは77Wで6,000lm程度の全光束があります。LED電球で同じ全光束にしようと思うと450lmの電球で13個必要です。でもそこまでは要らないだろうということで、4コで試してみました。

1日中点けているので1ヶ月850円ぐらい電気代が掛かっています。

配線工事

12Vの配線を通します。このスイッチは既存の100Vのもの。

左が新しく付けたスイッチ。裏にヒューズを付けました。

中国製の5W460lmのLED電球4灯にしましたが、少し暗い。

バッテリーの電圧が下がって来たらシーリングライトを使います。

2灯追加して6灯に。消費電力は30W。これなら十分な明るさです。

でもちょっとクールすぎるので間接照明を追加しようと思います。

電球の色温度調節関連記事

ソーラーパワーで光らせている12V用LED電球のLED部分を交換しました。目的は光色を昼光色(6-7000K)から白色(4000K)に変える...
DC12V型LED電球のLEDをパワーLED(目玉焼き形)からSMDタイプに交換しようと思い、Aliで基板を購入しました。春節後に発送で、1...
以前、LEDチップの取り外しが上手くできなくて頓挫した「混色して4000Kを作る」の再チャレンジです。今度は上手くできたので、その詳細をレポ...

(2011-08-09 /led5w)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル