お得なWi-Fi+Bluetoothカード

ノートPC DELL E6230でBluetoothを使うために、何を買おうかと探していたら、11acWi-FiにBluetooth4.0が付いたカードがあることを知り、これに決めました。

ポスパケットで到着。ドライバー不足だし、郵便受け投函で十分ですよ。(って盗むなよ~)

Bluetooth4.0のドングルは安いけど、USBが1個潰れるし、Bluetoothカード単体を追加する手もありますが、値段は同じ位なら、おまけでWi-Fiが高速化された方がイイですね。

Intel Dual Band Wireless-AC 7260  867Mbps+Bluetooth4.0 Model:7260HMW

現在刺さっているカードはDW1504という11a/g/b/nのモデル。

アンテナが3本余っていますが、これは触らずそのままに。何用のアンテナなんだろ?

ピンの抜け方が違います。 (左が新しい方)

裏側も。

サクッと挿し替え。

古いのを抜いて、新しいのを挿すだけですから、どうってことないですが。

一応Biosを見てみると、Bluetoothにチェックが付いていました。

事前に得ていた情報では、機種によっては1番端のPINをテープでマスクしないとBluetoothが機能しないというのですが、ちゃんと認識されているみたいです。 ヾ(^Д^*)ノ

無線LANに接続

無線LANは11acのBuffalo WXR-1900DHP2を使ってます。暗号キーを打ち込んで、接続。

s-wlrtr001

一応5GHzの11acが使えます。でも、鉄骨造で階をまたぐのは厳しいです。

s-buff_settei01b

Baffuloの場合、2.4GHz:Buffalo-G-XXXX 5GHz:Buffalo-A-XXXXがあるので、それぞれ接続します。一度暗号が通れば、その後は自動で繋がります。

E6230は5GHz(468Mbps)で繋がったことを確認。数値的には6倍ほど速いですが、体感的には、2.4GHzとそう変わりません。

Bluetoothの接続

Bluetoothを使えるようにするには、デバイスマネージャーを開き、?アイコンが付いた[不明なデバイス]のプロパティを開きます。

LANに繋がった状態で、ドライバーの更新をクリック。

無事ドライバが追加されました。

あとは手元にあったBluetooth機器をとりあえずペアリング。

ということで、DELL E6230の場合はピンをテープでマスクしなくても、Wi-FiもBluetoothもそのまま使えるというレポートでした。ヾ(^Д^*)ノ

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル

『お得なWi-Fi+Bluetoothカード』へのコメント

  1. 名前:電子工作好き 投稿日:2017/05/20(土) 18:25:36 ID:f0cc8c2f1 返信

    こんにちは~

    私もこれと近いタイプのDELLのノートパソコンを使っていますので参考になります
    これは…「元のままだと無線LAN のみだけど、新しい方はWi-Fi+Bluetooth」
    …という意味なのでしょうか?(正直、私はこういう規格には詳しくありません)

    何となくですけど、このマシンには、もう1個スロットが余っていますけど、
    ここに接続すると、古いのと、新しいのと、両方が使えたりしないのかな?
    と思ってしまいまいた。(接続コードも有るみたいだし増設前提って事でしょうか?)

    • 名前:oink! 投稿日:2017/05/20(土) 20:11:19 ID:5dd0186c9 返信

      >「元のままだと無線LAN のみだけど、新しい方はWi-Fi+Bluetooth」
      そういうことです。おそらくこの機種が発売された当時は、Bluetoothのオプションを付ける場合は隣のスロットにBluetoothカードを挿す形だったのだと思います。
      あと1個はWWANて書いてあるので、SIMスロットの付いたカードを挿すんでしょうかね。
      3つのスロットは全部mini pci expressのようなので、場所は関係無いのかも。SSDも使えるのかもしれません。
      このカードはDELLのPCと相性がいいみたいですので、お試しください。