3-BIG5LEDライトを作る

100均ライトを寄せ集めて15LEDライトを作りました。

「ビッグ5」を3個使用。

本体は単1を2本使う懐中電灯です。100均の中で、なるべくシンプルな物を選びました。LEDは先日カイロの点火器を作った時の余りモノ、「ビッグ5」をASSYごと3個使いました。

ダイソーで買った、豆電球タイプの懐中電灯「モノトーンライト」。210円。

LR44を4個使い6Vで光る「ビッグ5」。セリアで購入。

BIG5から先端のLEDアッセンブリーを抜き取ります。

ABS板を円く切って、ビッグ5先端の樹脂パーツをはめ込みました。

LEDが15個並列の状態でハンダ付け。

試しに単1マンガン2コ(3V)をつないでみると眩しく光りました。当初、100均USB充電器の昇圧回路を組み込もうと考えていましたが、3Vでこれだけ光るのなら、このままでOK。

テスターで電流を測ってみると、ビッグ5がLED5個に110mA程度流れているのに対し、単1マンガン3VではLED15個に80mA程度でした。(テスターのレンジを変えると全く違う値になるので、正しい値は分かりません。)

明るさにばらつきは無いようだが、左上のLEDだけが紫色っぽい。眩しい~!

アルカリ単1に替えると直視できない眩しさです。

この後[HH004F]で光らせる形に変更しました。

乾電池2個でLEDを光らせるタイプの100均LEDライトから昇圧基板を取り出して、自作ライトに移植しようと思います。 完成した...

(2010-11-20  /15led)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル