[カッコいい] ロケットストーブを作る

なぜこの暑い時期にストーブなのかというと、秋にワークショップを行う計画があり、それに向けて今から試作をということです。まずはペール缶を使ったオーソドックスな物を作ってみます。

s-rocket001

ペール缶は自動車用品店で貰って、煙突はコメリ(田舎店)で買ってきました。

ロケットストーブは2つのペール缶を重ねて中の煙突(ヒートライザー)を長くすると効率よく燃焼します。多くの場合、上の缶を上向きで固定しますが、私は下向きにしようと考えました。この方が隙間無くピッタリはまるので、綺麗に仕上がると思います。

s-rocket002

上の缶を開口部から80mmの位置にマーキングします。

s-rocket003

グラインダーで切断。ハンドル部分は後で切って使います。

s-rocket004

上の缶の底に煙突が通る穴を開けます。

s-rocket005

下の缶の横にも煙突が通る穴を開けます。

s-rocket006

グラインダーで切り込みを入れます。

s-rocket007

下の缶の底に切り取った注ぎ口部分をタッピンビスで止めます。(一押しアイデア[ひらめき]

s-rocket008

内側はこんな感じに。

s-rocket009

直筒を丁度いい長さにグラインダーで切断後、煙突を組んで通します。

s-rocket010

上の缶を逆さにはめ込んで、タッピンビスで止めます。

s-rocket011

振動を加えながらパーライトを詰め込んで、最後にキャップします。

s-rocket012

ゴトクの直径がペール缶よりわずかに大きいので、グラインダーで削ります。

s-rocket014

完成!ですが、ここまで出来たらせっかくなので塗装してしまいます。

s-rocket015

200円のアクリルラッカーで塗りました。(煙突の根元のみ耐熱スプレー使用。)

s-rocket016

教科書通りの基本構造なので、性能的には問題ないと思います。(後日燃焼テスト予定。)

【材料】

  • ペール缶×2                      タダ
  • 106mm排気筒(直筒、エビ曲げ、T曲げ)   2,409円
  • パーライト18L×3                1,775円
  • コーナンPB七輪用ゴトク               516円
  • M4タッピンビス                     108円
  • D2PBラッカースプレー                 204円

この後、もう一回り小さいロケットストーブも作りました。これについてはまた別途紹介します。

続きは「ロケットストーブ」カテゴリーから御覧ください。

(2014-06-16 /rocket01)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル