iMad-そもそも

このiMacは12年前に身内が買った(に買わせた)物が数年前にウチに来ました。中を強化して子供に使わせていたけど、子供からも見放されてしまいました。今となっては邪魔なだけ。

s-imad201

G3/400MHzではYoutubeもカクカク。当時はビデオ編集が売りだったんですけどね。

とは言ってもMoMAにコレクションされているぐらい価値のあるiMacです!捨てる訳には行きません。ということで外観はできるだけ弄らず、中味を入れ替えてサクサク動くマシンに改造しようと考えました。

s-imad202

まずはこのCRTを液晶化すること。これが優先課題です。

s-imad203

フェライトコアなどは使えそう。問題はブラウン管をどうやって捨てるかです。

s-imad204

ハードディスクはフォーマットして使うとして、今時CDドライブでは話になりません。

s-imad207

外観をオリジナルのままにしたいので、コネクタのレイアウトは変えないことにしました。

s-imad205

部品をどんどん外していくと現れたブラウン管の周りに張ってあったパーツ。これは何?

s-imad206

スピーカーはエッジがボロボロ。これを直すのは一寸無理。代替品を探すことにしました。

s-imad208

エレコムのMS-77W(廃番)というスピーカーが非常に近い形です。

s-imad209

MS-77Wはサブウーハにアンプが内蔵されています。これをiMacに移植しようと考えました。

s-imad210

オクで買った15インチ液晶。ドット抜けありですがバックライトは明るいです。

s-imad211

プラスチックは紫外線で黄変しています。これは塗装して綺麗にします。

マザーボードは手持ちのmini-itxを使うことにしました。このサイズなら余裕で収まります。CPUはPen4/2.8GHz。まだまだ現役で使えます。Mac miniのボードを載せれば速いMacも作れますが、mini-itxのほうが安上がりで将来のグレードアップも簡単です。

s-s-pen4mam

Mad-mini→ampCiMadと使い回しまくり。また働き口が見つかりました。

【購入品】(送料込み)

  • Sharp LL-E15G1  1,290円
  • TEAC DVD-W28SL 550円
  • ELECOM MS-77WWH 1,980円
  • スリムドライブIDE変換コネクタ 470円

【関連記事】

(2012-05-01 imad01)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル