ポータブルソーラーパネル

元となるパネルは屋根に載せていたエアロソーラーです。20Wの足しにはなりますが、折角小さいパネルなんで持ち運んで使うほうが役に立つかと思い、作り直すことにしました。

s-aero011

台風でも飛ばされなかったエアロソーラーパネル。 出力は18V/1.12A。

つくり直す狙いは折りたたみ式にして、角度を調節できるような脚を付けること。

s-comslr002

ホームセンターで買った丁番。100均のより精度が良さそうです。

s-comslr003

脚に使おうと買ってきた100均の伸縮できるアルミパイプ色々。一番細いのを使いました。

s-comslr004

丁番を取り付けるための穴を開けます。

s-comslr005

皿ネジとナットで固定しました。

s-comslr006

コの字アルミを切って作った金具。瞬間接着剤でアルミ板を貼ってからタップを切りました。

s-comslr007

板とパイプを切り貼りして作ったパーツ。こういうのは3Dプリンタのほうが楽だと思います。

s-comslr008

ネジを締め込んで回転の渋さを調節してから、ロックナットで固定します。

s-comslr009

脚が取り付け完了。先端のキャップもパイプと板で作りました。

s-comslr010

完成。

s-comslr011

脚を起こしてパネルに角度を付けます。

s-comslr012

脚を伸ばせば朝夕の低い太陽の光を捉えます。

自分としては100円のアルミパイプで折りたたみ脚が上手くできたと思います。

(2013-11-08 comslr)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル