BMWウマアダプター

ウマの頭に付けるブロックです。BMWのジャッキアップポイントに合う形で作りました。

手前の白いのはフレームやデフ等に当てる用。

ウマ用コマ

先日作ったBMW用ジャッキアダプターの水平展開。同じ形のブロックを3Dプリントして、馬の頭に取り付けて使おうと考えました。

素材はABS。密度は60%。

ベッドから剥がれないように、サポート材をモデリングして追加しています。

サポート材を取り去ったところ。裏側の1層目が浮いています。

Cura頭悪いのか?サポート材(シアン)と直交するように樹脂を引けばいいのに。

一層目を固めるのと、滑り止めのためにシリコンゴムを塗りました。

付いていたゴムシートを外し、上からはめ込みます。 ウマ(ジャッキスタンド)2つ完成。

ちなみにタイヤ交換ぐらいならジャッキでも大丈夫ですが、車の下にもぐる時は馬で支えないと怖いです。何かの拍子にジャッキが倒れたり、油圧が抜けたりしたら・・・グシャですよ。

ブロックの上の面が当たっているので、四角い枠が潰れることもなくイイ感じです。

ジャッキ用パッド

こちらはエンジン下やデフに当ててジャッキアップする時のアダプター。

なぜ黒でなく半透明で作ったのか忘れました。

滑り止めのための亀甲模様。

ジャッキに取り付けて使います。

実際に使ってみると強度的には十分な感じなんですが、しっくり来ないというか、最悪な場合、滑ってジャッキから外れそうな怖さを感じます。

車体が後ろに傾いているので、点で支えている感じ。

滑り止めに透明シリコンを塗りたくりました。これで滑らずしっくり、安全です。

密度60%のABS樹脂で(車重1.5tの半分として)750kgを支えることになるわけですが、意外と耐えるものですね。もう少し密度が粗くても大丈夫かも。

(2016-02-15 /umajack1)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル