スポンサーリンク

【AliExpress】TWSアンプ基板を動作確認【実験】

AliExpressで買ったTWSアンプモジュールが届きました。早速スマホ(iPhone5c)に青歯で繋いで試してみたいと思います。

ステレオバランスを左右動かして、ステレオであることを確認。

TWS+5W+5Wモジュール

 

76.0¥ 88% OFF|Bt5.2 twsワイヤレスパワーアンプ,高品質,pcbaモジュール,オーディオプレーヤー,2x5w|ワイヤレスアダプタ| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

 

 

 

荷物が到着

一緒に買った別の商品と同梱で、クロネコヤマトの配達でした。

注文から9日で到着。$3.55+10days送料$4.36=$7.91

 

伝票は中国らしい雰囲気丸出し。

 

コードが巻き付けられた状態でプチプチに包まれていました。

 

アンテナの所にTWSとペンで書かれています。試作品か?って感じ。

 

裏側は平らなので、クッション両面テープでケースに貼り付ける形で行けそう。

実験

取説は付いていないので、WEBの情報を頼りに実験してみます。

  • 電源は3.7V-5Vで、MicroUSBから5Vを供給できるが、これは充電用とのこと。
  • 1枚だとモノラルとして動作する
  • 2枚ペアで使うとTWSとして使える

 

ペアリング

まず、左右を確認するため、片方に黄色のシールを貼りました。

 

それぞれの基板にスピーカーと18650を繋ぎ、Bluetoothをペアリングします。

 

YMX-868BTというのがこのモジュールの名称です。

左右はあるのか?

音楽を鳴らしながらバランスを動かしてみます。

iPhone (iOS10.3.3)の場合、設定>一般>アクセシビリティにあります。

 

確かめた結果、逆でした。マーキングしたほうが右でした。

 

電源の入れ方で動作が変わるのか?

一旦電源を切って、Blutoothも切断して、再度接続してみると、右チャンネル/左チャンネルは変わらず、マーキングした方がこの先ずっと右になるようです。

一つの電池ボックスで2本の電池を兼用しているので中心に線が繋がりますが、実際には左右独立した形になります。

右側のみ電源ON

Bluetoothがペアリングされ、右なのに左chが鳴る。(左chのコネクタにSPを接続したから?)

左側もつなぐと

左右が同期してTWSで鳴る

青LEDがホタルのように左右同じ周期でゆっくり点滅する。

左側のみ電源ON

スマホと繋がらず、LEDが点灯のまま。

その状態で右側の電源を入れるとTWSで繋がります。

 

動作まとめ

  • それぞれの基板に18650(3.7V)とスピーカーを繋いで使う
  • TWS使用時、スピーカーはL/Rどちらのコネクタに繋いでも違いは無い
  • 右の基板=メイン基板。どちらが右なのかをバランス調整で確認する必要あり
  • 右のみをONにするとモノラル(片chのみ)で鳴る(青LEDが早い点滅→ゆっくり点滅)
  • 左のみをONにすると音が鳴らない(青LEDが早い点滅)
  • 後からもう片方をONにするとTWSとなる。(青LEDが同期して、ゆっくり点滅)
  • 音楽再生を止めると青LEDが点灯に変わる。再生開始でゆっくり点滅
  • 基板上のスライドスイッチでON/OFFできるが、操作しにくい

動作は特に問題ないみたいです。3Dプリンターで作ったケースに収めた完成版は後日紹介したいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました