携帯のカシュー(軍用)ペイント

携帯電話を迷彩色に塗りました。筆で塗り分け、乾いたら研いでを繰り返し・・できました。

モックアップのボタンに交換したら”CLEAR/BACK”が光るようになった。

ベースは816SH

ベースとなるのはSoftBank 816SH。小さくて、青歯で音楽が聴けるのが気に入っています。

もう2年以上使っていますが、まだまだ行けます。予備機をもう一台欲しい。

ということで、同型の白ロムをオクで買いました。2,000円ほど。結構ハゲてます。

外装交換用にモックアップを買いました。しかし、型がモックアップ専用のため、使えず。

黒のボタン・キーはモックアップのモノを利用することができました。

シミュレーション

まずはシミュレーション。こんな雰囲気を目指してペイントします。

厚塗りできて強い、カシューで塗ることにしました。

カシューの調色。迷彩に使う3色を作りました。

外装の分解

携帯をばらして外装パーツを取り出します。

全てのパーツが実に小さい。

コネクターも極小サイズ。

スライドをアシストするバネ(左)と、アルミダイカスト製のフレーム(右)

カシューで塗装

筆で塗って、研いで、最後にクリア。カシューのクリアで薄汚くなってしまった。

色分けは、筆の進むまま、それっぽく。

気をつけて水研ぎしても、所々ピンクの下地が出てしまいます。

結局、汚いクリアを削り落として、上から迷彩色を塗り直しました。

タッチアップ、水研ぎを3回ぐらい繰り返して、塗装完了。組み付けて完成。

頑丈で水にも強そうですが、あくまでも雰囲気だけです。

(2010-01-12 /keitai)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル