ヤマハM225専用スピーカースタンド

これを作ろうとしたきっかけは大型液晶テレビを購入した際、サラウンドシステムを構築しようと考えたことです。しかしスピーカーは上を見るとキリがない・・・

予算からYAMAHAの225シリーズでまとめることにしました。

設計

225シリーズのフロントスピーカーは床に置くことを想定したサイズなのでAVボードの上に置くとスピーカーが高い位置になってしまいます。そこでフロントスピーカーとしても設置できるとヤマハが言っているNS-M225を購入しました。

まず初めにテレビの上下中心にスピーカーがくるようにスタンドの高さを求めました。

次にスピーカーの形状に合わせて天板サイズを決め、安定する大きさで底板を決めました。

材料・作り方

材料は家をリフォームした際に余った2X4材とコンパネを使いました。底板は12.5mmのコンパネを2枚重ねて接着。 天板はスピーカーをなぞって型紙を作り、カットしました。

柱となる2X4材と上下の板はホゾを組んで固定した後、サンディングシーラー⇒サフェーサー⇒ポリパテ⇒水研ぎを行い、捨て吹き⇒ラッカーパテ⇒水研ぎを3回くらい繰り返しました。3回もやれば結構きれいな表面になります。

底にはコルクの防振パッドを貼りました。

底板と柱の接合部はR状に削った割り箸を使って、ポリパテ、ラッカーパテを盛り、水研ぎして仕上げています。

細長いスピーカーなので置くだけではすぐに倒れそうです。それを防止するためにスピーカー底のネジ穴に寸切りネジをねじ込み、スタンド天板に開けた穴に差し込むようにしました。

サラウンドスピーカーも同じNS-M225です。小型なだけに音は大したことないですね。

【材料】

2X4材、9.5/12.5mmコンパネ(余りモノ)、サフェーサー(ソフト99)、ラッカースプレー(グレー/198円PB)、ラッカースプレー(ガンメタ/ソフト99)、ポリパテ(ホルツ)、ラッカーパテ(ソフト99)、コルク防振パッド(ダイソー)

(2009-05-10 /ns-m225)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル