ガラケー+Qi ガラチー完成!しかし・・・

ワイヤレス充電のQiレシーバーを改造して、ガラケーをチー化しました。お気に入りのスライドケータイ816SHが置くだけで充電開始!(*゚Д゚*)

ケータイをQi充電台に乗せると、充電中を表す赤ランプが点きました。

Qiレシーバーモジュール

Qi未対応のスマホをワイヤレス充電可能にするモジュールです。簡単に言うと、コイルと基板が粘着シートに挟まれた物です。Android用のMicroUSBタイプを買いました。

iPhone用のも売ってます。コレをQiの充電台と組み合わせて使います。

Qi(チー)未対応のスマホをワイヤレス充電可能にする「ワイヤレス・チャージャー・レシーバー・モジュール」を買いました。コレを付ければ簡単に無...

コネクタの交換

QiレシーバーのコネクタをMicroUSBから3G (FOMA)用のコネクタに付け替えれば、ガラケーもワイヤレス充電に改造できそうです。ということで100均素材を流用します。

樹脂製のコネクタのほうが金属製よりも加工しやすいので、キティちゃんのほうを使います。

端子部分を曲げて小さくしてから、コードをQiレシーバーにハンダ付けします。

基板の端子部分にハンダ付けします。コイルの裏には粘着シートが貼ってありました。

さて、コレを9年前に迷彩塗装した816SHに取り付けて、ガラチーを作りたいと思います。

まずは動作確認。コネクタを挿して充電台に乗せると、充電ランプが点灯しました!

シートをできるだけ小さく切って、剥離紙を剥がしてバッテリーの蓋に貼り付けます。

カバーを作る

レシーバーモジュールを貼っただけだとコードが引っかかってすぐにハンダが取れてしまいそうです。そこで、このモジュールの上から被せるカバーを作ることにしました。

モデリング

ソフトバンク816SHを実測し、レシーバーとコネクタが隠れるカバーをデザインします。

コネクターを覆う部分は6mm出っ張ります。

シートを覆う部分の厚みは3mm(最大肉厚1.5mm)

3Dプリント

いつものようにABSでプリントします。

この程度のサイズだと30分ぐらいでプリントできます。

レシーバーの基板はコイルより厚みがあるので、この部分は肉厚1mmとしました。

816SHに乗せて形状確認。微調整を加えて作り直すこと3回。やっと納得の物ができました。

表面仕上げ

積層ラインが目立つので、表面をパテで均してから缶スプレーで仕上げることにしました。

耐水ペーパーで磨いた後、サフェーサー塗装、ラッカーパテを塗ったところ。

水研ぎ、サフェーサー塗装の後、つや消し黒を粗しぼ風に塗装しました。

完成

カバーはレシーバーの上に両面テープで貼り付けました。隙間なく上出来です。

厚みが3mm、コネクタ部が6mm増えましたが、それほど大きくなった感じはしません。

手の中にすっぽり収まり、コンパクトさは損なわれていません。(´∀`)b

スライドオープンの状態。

残念無念(動画)

ガラケーにQiを組込み「ガラチー」が完成しました。しかし、なぜか充電が激遅です。充電台の手前で電流を測ってみると100mAしか流れず、Qiに電力を使っているだけで、全く充電されていない感じです。今から思えば、カバーを作る前に電流を測っておくべきでした。

他の3Gガラケーをいくつか試してみたところ、一時的に適正な電流(300mA程度)が流れたとしても、不安定で、まともに充電されません。ん~負荷が小さいからですかね?セメント抵抗でも加えてやればまともな電流が流れたりするんでしょうか?それともFOMAのコネクタ配線(1番/5番/10番)がいけないのか?

Qi(チー)未対応のスマホをワイヤレス充電可能にする「ワイヤレス・チャージャー・レシーバー・モジュール」を買いました。コレを付ければ簡単に無...

MicroUSB端子付きの4Gガラケー・Simplyの場合は問題なく充電できます。違いは何なんでしょう?分かる方、ヒントください。

スポンサーリンク
336×280 レクタングル

『ガラケー+Qi ガラチー完成!しかし・・・』へのコメント

  1. 名前:mytoshi 投稿日:2019/04/12(金) 17:19:49 ID:bc51fab08 返信

    100mAは少ないですね。
    電磁コイルでの変換ロスが25%出ることを考えると、充電器側の「供給電力不足」でしょうか?
    FOMAのアダプタは5.3Vと高めの仕様ですから途中に余分なものを介入させてロスが増えると電圧下がって充電電流激減も有りうると思います。

    私は、
    oink!さんの前回の記事に触発されてガラケー用に部品(レシーバ 165円、送信機455円)を手配しました。大陸からのんびり送られてくるため4/22以降の到着になりそうです。
    届いたら供給電力と取り出される電力の測定をしてみたいと思います。

    尚、
    私のガラケーに5Vで4A近く取り出せる350円のAC-USBアダプタ経由で直接充電してみると初期5.2Vで500mA流れました。
    このACアダプターをレビューしています。「TAUWELL 4ポート折り畳式プラグ」
    https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1644B78SREDPR/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07BVRKWD5

    • 名前:oink! 投稿日:2019/04/12(金) 20:22:10 ID:c98a6ccd6 返信

      つまり電流を取れるUSBに挿せば使える可能性があるってことですかね。
      ここで使っているQiの送信側はinput1A~2A、output1A~1.5Aって仕様です。

      >FOMAのアダプタは5.3Vと高めの仕様
      5Vでないんですか。DCDCコンバータで高めの電圧で押し込んだら、上手く行くかも?
      ちょっと試してみます。
      Qiが届いたら、実験お願いいたします。

    • 名前:えべす屋 投稿日:2019/04/12(金) 20:27:23 ID:c4ea98daa 返信

      しぼ塗装はどうやってやられたのですか?いい感じの仕上がりですね

      • 名前:oink! 投稿日:2019/04/12(金) 22:47:46 ID:c98a6ccd6 返信

        ガンで吹く時と同じように、缶スプレーのノズルを半押しすれば
        粗めのシボになります。
        細かいシボはスプレーを離して、ノズル全押しでOKですよ(´∀`)b

  2. 名前:ゆうせー 投稿日:2019/04/13(土) 09:45:46 ID:8108fcfbb 返信

    的外れな話かもしれませんが、送受信間の距離による減衰の可能性は考えられませんか?
    スマートフォンに搭載されたQiの場合、許容範囲外の充電レベルだと充電が開始されなかったりシビアなような気がします。
    恐らく、載せていてランプが変わっていたのに充電が出来てないってクレーム回避の為と思いますが。

    市場の商品をざっと見ると「3mm以下のケース対応」商品から「6mmまで大丈夫だった」というレビューを見かけたりしますので、
    今回使っているモジュールカバーの厚みと、レシーバー側の能力の相性という事も考えられませんか?
    レシーバーからの給電は、何mAでも気にせず送るだけで、
    携帯側も給電容量を測定せずに、少しでも給電されているなら問題なしと受け取り、許容範囲の設定が無い若しくは緩い(単3電池2本の緊急充電というのも使えていましたからね)のではないでしょうか?

    因みに、別商品だと思いますがQiレシーバーモジュールを、1年ほど前に買ってiPhone6をワイヤレス化しようとした事がありますが、ダイソーのプラケースならOKでしたが、愛用していたPU製のカバー(厚み3~4mmと記憶)はダメでしたね。

    • 名前:oink! 投稿日:2019/04/13(土) 16:00:29 ID:51bf02f26 返信

      コメントありがとうございます。
      樹脂のカバーを付けずにレシーバー直で送信側に置いても電流は低いまま変わらないので、3mmとかの距離は問題ないように思います。

      先程実験をしてみました。
      まず送信機に入る電圧を5.8Vまで上げてみましたが、全く変化なしでした。
      次にガラケーの置き方を変えると1A近く電流が流れる場所があることが分かりました。でもこれはQiを無接点で繋げようとして無駄な電力が使われているだけのようです。電流が0.5Aになるようにガラケーを置いて、1時間ほど放置してみましたが、充電はされていなかったです。
      そういえばQiのケースを付けたiPhone SEを充電すると、熱くなる時と、全く熱くならない時があったのですが、置く位置によっては大きい電流が流れて熱くなったのだと思います。

  3. 名前:匿名 投稿日:2019/04/13(土) 22:39:09 ID:77d2767ba 返信

    商品ページで
    Charging current: 500-1000mA

    となっているので負荷が小さいのではないでしょうか?

    • 名前:oink! 投稿日:2019/04/13(土) 23:23:11 ID:51bf02f26 返信

      ありがとうございます。
      確かにそう書かれていますね。
      おっしゃる通り、負荷が500mA以上無いと通電されないような気がしてきました。
      Charging currentが 300mA-の製品があれば良いのですが、無さそうですね。
      ん~残念。でもなぜ140mAのLEDライトが点いたのでしょうか?

    • 名前:mytoshi 投稿日:2019/04/14(日) 12:26:06 ID:6276b9d31 返信

      本記事の充電電流が少ないことは、負荷電流が少ないことが原因とは思えません。
      以下に紹介する制御ICデータシートには、最大出力電流1.0A、出力電流10mAの時の出力電圧安定性は±2%と書いてあります。

      今回の場合、コイルの位置関係が悪くて電磁結合が上手くいかず出力を取り出せていないだけだと思っています。上下前後に離れ過ぎると受信コイルに磁界が伝わらなくなります。
      怖いのは何らかの異常による送信側や受信側コイルの過熱です。

      私が注文した機器が届くのは来週の予定ですが、Qiについて調べ始めました。
      結構複雑な制御が行われていて驚きました。

      参考までに、レシーバー用IC「TC7763WBG」には「最大出力電流1.0A」と明記してあります。
      通常負荷電流であれば同期整流、負荷電流が220mA以下の軽負荷ではダイオード整流に変わるとありますから、数十mA以下でも問題無く出力されると思います。

      出力電流が多すぎる時は制限し、入力電圧が低すぎる時は動作を停止するなどの保護回路が入っているようです。

      • 名前:oink! 投稿日:2019/04/14(日) 19:13:59 ID:744d928c8 返信

        >今回の場合、コイルの位置関係が悪くて電磁結合が上手くいかず
        多分それは無いと思います。色んな角度で置いて試してますが、どう置いても送信側手前で100mA程度でした。1A近い電流が流れた時は端の方の変な位置に置いた場合です。発熱も多く、Qiが繋ごうと頑張っている感じでした。
        816SHにケーブルで繋いで充電する場合の電流は300mAと0を交互に切り替わっていました。この交互に変わる充電方法がQiの接続に悪影響を与えているのではないか?って気がしています。
        機器が届きましたらぜひ、ガラケーの充電を試してみてください。
        私には分かりませんです。

  4. 名前:名無しの権兵衛 投稿日:2019/04/15(月) 08:28:53 ID:220d87313 返信

    そもそもQiレシーバーモジュールが初期不良だったりとかしないですかね。当たり外れがあるようなので。

    あとは、充電台の出力が低いとうまく働かないとかはありそうな気がします。

    • 名前:oink! 投稿日:2019/04/15(月) 22:35:41 ID:e4d285f8d 返信

      コメントありがとうございます。
      最初にAndroidスマホで試して、充電画面が出たので問題ないと思うんですよね。
      その時電流は測っていないので、不良の可能性はゼロでは無いです。
      充電台の方は他のスマホの充電は何ら問題ないので、こちらは正常だと思います。