386ポータブルアンプ(最終形)

またまた386のギターアンプを作りました。今回はトーンコントロール付きのポータブルサイズです。カラフルなシリコンカバー付きのケースを使い、部品をこれに詰め込みました。

s-IMG_6492

ケースはシリコンカバー6色、本体2色のバリエーションがあるので、好きな色を選べます。

386ギターアンプとしては飽きもせず4つ目になります。トーンコントロールを付けたものが作りたかったので、初めにフェンダーのトーン回路を組み込んで実験してみました。しかし、全く音が鳴らない。何が悪かったのか分かりませんが、トーン回路のイロハを求めてWEBサイトを色々とさまよっていたら、良さげなサイトを発見。(Bumper crop studioさんのWEBサイト) こちらに出ていた回路を使わせていただきました。

ケースはタカチのLCS型シリコンカバー付ケースと決めていたので、まずは部品のレイアウトを考えました。電池ケース無しのタイプなら何とか収まりそうです。

s-iso

スモーキーアンプのような小さい基板ならジャックの間に入るかな?

スピーカーはセリアで買った丸七製の「耳もとスピーカー」。

s-IMG_5558

8Ω/0.5Wのスピーカーは結構大きい音が出ます。

図面をプリントして貼り付け後、キリでセンターポンチを打って、穴を開けました。

s-IMG_6379

200個近い穴。根気の要る作業です。

ケース内にスペースが無いので、基板は2枚に分ける形にしました。

s-kiban00

今までに作った、コンデンサ2、3コのタイプと比べるとかなり複雑です。

2つの基板を作って、ワニ口で繋いで実験したら、ブーブービービーと発振(?)がすごい・・・。全く原因がつかめず、お手上げ状態でした。あきらめて、とりあえず失敗作を完成させてしまおう!と、リード線をハンダ付けしてギターを繋ぐと、不思議なことに全くブーブー鳴らず、ちゃんといい音が鳴るではありませんか。良かった~。何か得した気分。

ゲインは半固定抵抗、ボリュームはスイッチ付きにしました。

s-IMG_6490

内部にはアルミテープを貼ったほうがいいのかな?

s-IMG_6484

スイッチ付きVOLの軸が長いので、グラインダーでカットしました。

s-IMG_6486

ゲインはシリコンのカバーを外して、ドライバーで調整します。

s-IMG_6487

プラグを挿して右側のボリュームを回せばスイッチが入ります。

s-IMG_6383

いい音! シリコンカバーが滑り止め、ビビリ止めになるのもいい。

【材料】

  • ケース:LCS135-N-DB 724円(マルツ)
  • スピーカー:耳もとスピーカー 105円(セリア)
  • コンデンサ:全部で9コ 191円(共立エレ)
  • 抵抗:全部で5コ 20円(共立エレ)
  • J-FET:2SK30ATM-GR 26円(共立エレ)
  • IC:LM-386N1 50円(秋月)
  • LED:3mm青 42円(マルツ)
  • スイッチ付ステレオ標準ジャック:MJ-189LP 2コ 230円(マルツ)
  • ボリューム:普通のモノ、スイッチ付き、半固定 273円(共立エレ)
  • ツマミ:レックスB-20黒 2コ 378円(マルツ)
  • 基板、リード線等: α円

【関連記事】

(2009-12-28 386amp4)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル