スポンサーリンク

【DIY】G-Funで室内用トイレを作る【犬厠】

G-Funを使って室内に置く犬用トイレを作りました。このサイズなら中型犬・大型犬も楽々。

オシッコ引っ掛ける用のポール(1.5LのPETボトルにシート巻き)もサービスしときました。

構想

最初は以前ハウスとして使っていた、イレクターのフレームをトイレの囲いとして再利用していました。これでも足りるのですが、もう少しイイ物に作り直そうと思います。

幅を広げ、ウン子しやすく改良します。

G-Fun
つかむ・つなげる・広がる。ボルト1本を締めるだけの基本動作の繰り返しで、頭に思い描いた形をスピーディーに具現化できます。G-Fun(ジーファン)オフィシャルサイトです。

使う材料はG-Funの細いタイプ。太さ19mmのアルミフレームですが、意外と安いのです。

コレを使って横幅1000mm×奥行600mm×高さ450mmの囲いを作ります。

フレームをつなぐコネクタとフレーム端部のキャップ。

100均のワイヤーネットを張って、ここにトイレシートを固定しようと思います。

材料

囲いの基本材料は太さ19mmのG-FunフレームS。贅沢なトイレが出来そうです。

1000mm:SGF-0042 600mm:SGF-0043 450mm:SGF-0044 300mm:SGF-0045

マルチコネクタインナS SGF-0048、 インナキャップS SGF-0065

ワイヤーネット Bタイプ 485mm×375mm (@キャンドゥ)

  • フレームS 1000 ×3 @250円 (750円)
  • フレームS 600 ×4 @151円 (604円)
  • フレームS 450 ×5 @118円 (590円)
  • フレームS 300 ×1 @85円 (85円)
  • マルチコネクタインナS ×17 @162円 (2,754円)
  • インナキャップS ×5 @74円 (370円)
  • ワイヤーネット Bタイプ ×8 @110円(880円)
  • 結束バンド 30本ほど
  • クッションフロア端材 1000*600

合計5,153円(G-Fun)+880円(ワイヤーネット) =6,033円

1mのアルミフレームが250円と安いのですが、コネクタがたくさん必要なので、ここにコストがかかります。

組立

垂直に立てた450mmのフレーム4本を1000mmと600mmのフレームで繋げて行きます。

コネクタの六角穴付きボルトを締め込むだけで、フレーム内側外側がガッチリ固定されます。

上側も締め付けて、フレームの端部にキャップを圧入。

前側左には450mmを金鋸で切断して高さを合わせます。そして300mmで横に繋ぎます。

この左前の壁で、ウン子をする時に自然に反時計回りに前進する目論見。

ワイヤーネットはミゼットニッパーでカットし、結束バンドで固定します。

床面には余り物のクッションフロアを取り付け、これで完成。

フレームの上に重なるように、パンチ穴を開けて結束バンドで固定しました。

これでオシッコが床に付くことはありません。

底から見るとこんな感じ。

まとめ

G-Funを使うと簡単に丈夫な室内用トイレが作れます。トイレシートはクリップでワイヤーネットに留め、汚れたら交換します。ケージもこのG-Funで作ると良さそうって思いました。

このトイレにしてからは床が汚れることもなく、バッチリです。(満足度:90)

コメント

  1. tara より:

    うちはお風呂場でします…

    シャワーで洗えば済むでしょ
    という考えからですが…

    • oink! より:

      私もお風呂場でします…
      って違うか。

      普段は外でやって、台風の時などにお風呂場でやってくれれば理想的ですね。

  2. ojisan より:

    さすがですね

    ペットボトルポールが気に入りました
    ベストショットが載るかな

    • oink! より:

      最近になって片足を上げるようになってきました。
      なるべく奥の方へ行って、狙い定めてポールにやってくれればイイんですけどね。
      まだまだです。