スポンサーリンク

【ワークチェア】座面カバーで延命【20年】

かれこれ20年使っているオフィスチェアです。肘掛けは3Dプリンターで作り直し、背もたれのゴムパーツも一度交換しています。座面は所々擦り切れてウレタンが見えています。

色々直しながら使ってきた椅子ですが、そろそろ限界か。いえいえ、まだ使いますよ。

カバー購入

修理素材として何かイイ物が無いかと探していたら、amazonで400円ぐらいのシートカバーを見つけました。久々に中国直輸入のマーケットプレイスから買ってみようと思います。

警告:アダルトコンテンツ

注文から17日で到着。shippingは即日。早かったです。

坐墊套 (zuò diàn tào) 意味的には、座る所に敷くカバーってところか。

当然ながら紙ペラも何も入っていません。

袋状になった口の部分に紐ゴムが縫われていて、これを座面に被せるだけです。

Aliで同じものがあるのか調べてみたら・・・ありました。

Page Not Found - Aliexpress.com

送料含めた値段はamazonと同じぐらいですね。

装着

座面に被せるだけなので、特に難しいことはありませんが、ブロックの柄がまっすぐになるようにだけ注意しました。

太ももの裏が当たる所が擦り切れています。

後ろの方から引っ張りながら被せて行きます。よく伸びます。

お~イイね。まるで新品のよう。

たるみが無く、カバーを掛けている感じがしません。

バスのシートみたいな質感です。あのバスの匂いが脳裏に浮かびます・・・。

https://amzn.to/2XCTMxL

肘掛けの内側に付けようかな。

まとめ

擦り切れたワークチェアの座面にカバーを被せました。400円ぐらいの製品ですが、割とイイ感じです。元の柄と違いはありますが、色味が近いので違和感無く使えます。

カバーを掛けてしまえば、擦り切れた部分の上から触っても切れていることは分かりません。

これであと数年は使えそうです。ただ、ガスシリンダーのガスがちょっと抜けてきているので、体重で少しずつ下がってきます。ここもそのうち対策しなきゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました