13式電源改

13式直流電源1号機が壊れ、2号機を作ったものの使い物にならなかったので、結局1号機を直すことにしました。

ケースはそのまま、中身一式入れ替えました。

1号機を修理

1号機が動かなくなって2号機を作る前、一応修理を試みました。結果的には直らなかったんですが、正常時に写真を撮っておくと後々助かるということがよく分かりました。

焼けた抵抗を発見。ルーペで見たら黒・?・金・金ぽい。

焼ける前に写真を撮っていました。それを見ると黄・紫・金・金と判明!

手持ちの4.7Ωに付け替えました。・・・でも他にも問題があるようで、直りませんでした。

1号機の基板入れ替え

この後2号機を作ったけど、これがまたちゃんと動かない。ということで今度は1号機の基板ごと交換する作戦で行くことにしました。

使えそうなジャンク品を発見したので迷わず購入。

買ったのは1号機と同じ動物電源で少しグレードが上のやつ。[HORNET DR-8400BTX]

壊れた1号機電源 [MIRAGE DR-8360BTX]

早速動作確認してみました。24pinコネクタの4コ目と5コ目(緑と黒)をゼムクリップで繋ぎ、4pinコネクタの黄色と黒にテスター棒を挿し、電源を入れてみると・・・

よっしゃ~!5Vに負荷を掛けなくても12V出ています。当たりだ!

ブラデカの掃除機(6.5A)を動かすと電圧が下がりますが、-0.06VならOKでしょ。

不動の1号機基板(コンデンサ取り外し済)との比較。少しグレードアップしている感じ。

コードの配線を済ませ、組み換え完了。

動作確認も問題無しです!今度こそ大丈夫。 やれやれ。

(2013-11-22 /13perair)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル