100Wエアロソーラーパネルの安全対策

先日設置した平置き式100Wソーラーパネルですが、心配なのは強風で飛ばされることです。最悪の場合でも隣家を傷付けることの無いようにロープとオモリで対策しました。

右の20Wパネルは台風を経験済み。100Wも大丈夫だと思いますが・・・ちょっと心配。

パネルとFRPの総重量が約14kg。この重さで下に押さえつければ風で浮き上がることは無いとは思いますが、念のためロープで建物に括り付けました。後側はいいのですが、前側は固定場所がありません。こちらにはオモリを付けることにしました。

オモリの材料は長さ1m、内径30mmの塩ビパイプとそのキャップです。

片側にキャップを接着後、砂を詰め込みました。

重量は丁度2kg。気休めにしかならないけど、無いよりはまし。

前側にオモリを取り付けます。

裏返して前のスペースにロープで固定します。

後側は100均のロープを使いました。金属のワイヤーより落雷のリスクが少ないかと。

ロープがバタつかないように、ガムテープで貼り付けたほうがいいかもしれないですね。

(2012-10-30 /100safe)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル