THULEワンキーシステム

スーリーのスキーキャリアはシリンダーが交換できます。4個のユニットをひとつのキーで開閉できると便利です。本来は交換専用のキーを使うらしいのですが、無くても大丈夫です。

s-thule01

こんな感じでヒモでレバーを押した状態にしておけば交換がやり易い。

こんな古いスキーキャリアを使っている人はあまり居ないかもしれませんが、私は短いのを1セット(2コ)と長いのを2セット(4コ)持っています。長い方4コがひとつのキーで開けられる状態なんですが、今乗っている小型車は車幅が狭くて長い方を4コ付けられません。
で、今回の狙いは長い方に付いているシリンダーを短い方に付け替えるということです。

s-thule07

Thule System 576と577。 この組み合わせなら小型車にも取り付けられます。

s-thule04

本来はマスターキーを差し込んで交換するらしいが、そんな物は無いので力技で。

s-thule05

精密ドライバーで爪をこじりながら、プライヤーの柄をテコの原理で押してやります。

s-thule02

本体側のプラスチックの爪がシリンダーの溝から外れかけた状態。さらに押せば取れます。

s-thule03

シリンダーの付いていた穴を覗くと奥の方に爪が見えます。

s-thule06

シリンダー外側の溝に本体のプラスチック爪が嵌っているだけの構造です。

はめるのは簡単です。シリンダーを持ちやすくするためにキーを差し込んで、それをシリンダーが取付く穴に押し込んでやればスポっと入ります。

(2011-02-09 /thule)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル