NTCサーミスタ交換

そもそもの話になりますが、タオバオで買ったヒートベッドが不良品で、チップNTCが割れていました。そこで秋月で買った100kΩのチップNTCに交換したのでした。

s-h_bed001

電源とセットでで3,000円の品。

s-h_bed010-6b7df

中国から届いた時の状態。下のチップが秋月のもの。

100KΩのNTCサーミスタなら使えると思っていたのですが、間違いでした。

s-h_bed203

秋月のはB定数4250Kというタイプで、3950Kを使わなければいけなかったのです。

プログラム上では3950の抵抗値に合わせて温度が計算、表示されるので、4250を使うと誤差が生じます。どの程度ズレているのかテスターの温度計て測ってみることにしました。

s-h_bed201

低い温度では差は小さいですが

s-h_bed202

プリンターが115℃と認識しているのは実際は90℃。(多分85℃ぐらい。)

90℃(85℃)にしたい時は115℃に設定すればいいので使えないことはないですが、正しく表示されたほうが気分的にもイイです。なので3950に交換します。

s-h_bed204

以前Aliで買ったNTC3950。(コード付きが5本で$2ぐらい)

s-h_bed206

秋月のチップを外してハンダ付け後、カプトンテープで留めました。

こちらも温度を測ります。

s-h_bed207

ヒーターに電気を入れる前。室温は16℃ぐらいですがテスターは22℃と表示。

s-h_bed208

ヒーターON。

s-h_bed209

テスター106℃でNTC3950が100℃。

s-h_bed210

同107℃で101℃

s-h_bed211

 NTC3950とテスター(MASTECH)のカーブがほぼ同じです。テスターが5-6度高めに出ている感じで、交換したNTC3950の数値の方を信じて良いように思います。
(2016-03-04 /ntc3950)
スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル