スポンサーリンク

【3Dプリント】ラクーンコンポにパワースイッチを付ける【改良】

ラクーンコンポにパワースイッチを付けました。アシスト回路をリセットしたい時や、平地でアシストをOFFにしてバッテリーの消費を減らしたい時にこれを使います。

手元でON/OFFできるのが売りです。

構想・設計

バッテリーをリチウムイオン化したら、たまに高負荷が掛かると回路が遮断するようになりました。こうなるとメインキーを切るだけではリセットされず、一旦バッテリーを抜く必要があります。コレが面倒なので、手元で簡単にON/OFFできるようにしたいと考えました。

バッテリーを取り外すのと同じことをリレーを使って動作させようと思います。

ON/OFFスイッチのケースは3Dプリンターで作り、ハンドルに取り付けます。

パーツ購入

Aliでパーツを色々購入しました。全部揃うまで1ヶ月ほど掛かりました。

リレー、防水プッシュスイッチに4芯ケーブル。仕様の違うものをいくつか買ってみました。

24V用リレー。14VDCって書いてあるけどいいのかな?

Blue LED付きの防水プッシュスイッチ(オルタネート)を使うことにします。

26AWG (Φ3.5)と24AWG (Φ4.5)の4Cケーブル。Aliでケーブルを買うのは初めてです。品質的には全く問題ない感じ。でもよく考えたら3芯で良かったですね。

BroZ Insulating Materials Store - Amazing prodcuts with exclusive discounts on AliExpress 
Discover the wide range of from AliExpress Top Seller BroZ Insulating Materials Store.Enjoy ✓Free Shipping Worldwide! ✓Limited Time Sale ✓Easy Return.

3Dプリント

スイッチのケースとハンドルに固定するバンドをABSでプリントします。

ケースのフタはハーフパイプ・スライド式

キレイに出来ました。

ハンドルに取り付けるバンドは、しなるように肉厚を変化させています。

1個は予備。耐候性はあまり良くないので、1-2年で折れる可能性が高いです。

交換しやすいように、ネジで固定します。

フタは後ろから押し込んで閉めます。

組み立て

ケーブルは26AWGの方を使うことにしました。ケースの穴に通してからスイッチをハンダ付けし、ナットを締めて固定します。

26AWGの許容電流は2.2Aらしいので余裕です。抜け止めの結束バンド取付けます。

リレー、LEDの動作確認OKです。ONでLEDが点くように配線します。

リレーを収めるスペースが厳しいので、コネクタは4つ個別に付けることにしました。

リレーのネジ止め用の耳を切り取って、横に倒して何とか収まりました。キツキツです。

バッテリーを嵌めて動作確認。OKです。あとはカバーをネジ止めすれば完成です。

左からバッテリーメーター、AAAライトスタンド、そしてパワースイッチ。

ペダル漕ぎ出し時など「高負荷が掛かると回路が遮断する現象」は現在も発生しますが、バッテリーを抜いてリセットする手間がなくなったので随分楽になりました。

パワースイッチを付けたデメリットとしては、リレーに電力を消費すること、スイッチの切り忘れに注意が必要なこと、ですかね。(満足度:85)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました