デスクライトのDC12V化

100Vコンセントに挿して使うデスクライトをバッテリーで使う形に改造しました。

コードの先にはシガープラグが付いています。

これに使うランプはDXで買ったLEDで、スペックは12V/1.2W。12VのACアダプターにつなぎ、電流をテスターで測って見ると、110mA流れていました。

13.7Vのバッテリーにつなぐと170mA。かなり熱くなるので、やばそう。

このデスクライト、AC100VをトランスでAC12Vに変換してハロゲン球を光らせています。

口金がG4というタイプなのでDXで買ったLEDがそのまま取り付けられます。

12Vバッテリーで使うと決めたら、トランスは要らないので、潔く切断。

試しに15Ωのセメント抵抗を入れて測ってみると、11.95V、110mA。ピッタシ!

このアーム部分にワニ口を挟むと12V電源が取れます。意外と便利?

スペックは108lmということですが、机の上を照らすには丁度いい感じの明るさです。

トランスを取り除くと安定性が悪くなるので、オモリとしてもう一度入れておきました。

(2011-07-20 desklight)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル