スポンサーリンク

【BMW】E46 ヘッドライトレンズカバーの交換作業【自作ガスケット】

先日E46のヘッドライトレンズを交換しようと試みたのですが、ガスケットも同時に新品に替えないと、互換レンズが付けられないことが分かりました。

評判の悪い中華レンズもガスケットを新品に替えれば取り付けできそうな雰囲気です。

ガスケット自作

専用ガスケットは互換品でも5,000円以上する高価なパーツなので自作しようと考えました。まずはガスケットとして代替できそうな素材を注文しました。

CRスポンジ 8×7 カット 単位:1m/カット
【仕様】 サイズ:8mm×7

かまぼこ型(甲丸)のCR(クロロプレンゴム)紐

CR(クロロプレンゴム)紐をワッカができる長さ(1.1m)で切り、端面を接着する目論見。

かまぼこ型のCR紐の他に、Φ8の丸紐、高さ調整用にt1とt2のCRシートも買いました。

クロロプレンゴムは発泡ゴムのような柔らかさで、硬度20とか25とかがありました。

3m買ったのですが、1mが3本というちょっと残念な商品でした。(モノタロウで購入)

高さが短いけど、幅は純正品と同じ8mmです。

 

レンズと密着するように2mmのシートを貼り付け、高さを増やします。

 

まずはカッターで8mmの幅に切りました。

 

接着剤はセメダインスーパーXを使いました。硬化を待ちます。

 

1.5mのガスケットが2本出来ました。

交換作業

取り外し方は予習してあるので作業はスムーズに進みました。

レンズの取り外し

爪の位置や形は前回の記事を参照ください。(for 前期318i乗り)

【BMW 318i】E46 ヘッドライトレンズカバーの交換【分解調査】
ロービームで光軸検査を通すのを目指し、Aliで買った中華レンズに交換しようと思います。 今回はBMW318iツーリング(前期)のヘッドライトレンズ取り外し方法をまとめました。 ヘッドライトレンズ交換概要 下調べでは、中華互換レンズは形...

 

レンズを外し、ガスケットを取り出して、自作ガスケットのサイズが合うか再確認。

右側から

下の直線部でゴム紐を繋ぐ形で、時計回りで嵌めていきました。

一周嵌めて、そのままハサミで切ります。

 

コーナーもしっかり溝に嵌める。

 

右コーナーもきっちり。

 

5mmほど長めに切って、端面に接着剤を塗って、ワッカにし、そのままレンズを嵌めます。

 

何度やっても下の真ん中のフックが開いた状態で閉じられません。

 

とりあえずまつ毛モールを取り付け。

 

左側も同様に

手順は右と全く同じ

ウインカー、まつ毛モール、ライト下カバーの順に外し

 

互換レンズに交換。

 

やっぱ、下の真ん中のフックが開いたまま、閉じられません。

 

とりあえずこれで様子を見ようと思います。しばらく乗って不具合が出たら考えます。

(作業時間:約2時間)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました