[自転車発電] ギア付き自転車発電機完成!

ママチャリ発電機の問題点は負荷が重すぎて有酸素運動にならない(?)ことです。これを解決するため、ママチャリを諦め、ギア付きの自転車を使うことにしました。

ギア付き自転車なら1速や2速を使って長時間漕ぎ続けることができます。

中古自転車購入

当初、内装3段の後輪を探して来て組み換えようかと考えましたが、本体丸ごと替えたほうが早そうだし、手間も掛からないだろうと思い、中古のギア付き自転車を買いました。

いわゆるシティサイクル。たまたま近隣の方が売りに出していたので即買いしました。

5段変速って説明でしたが、6段です。ラッキ~。

26インチって説明でしたが、27インチでした。ラッキ~。

汚いですが磨けばきれいになるでしょう。

サビサビです。幸いシートは破れなくきれいです。

スポーク張り替え

早速ローラー台に載せてみました。ちょっと予想外だったのがリムが歪んでいるのか、クネクネとタイヤが回ります。このままではちょっとアレなんで、スポークを張り替えることにしました。初めてのことですがコレよりはマシになるだろう?ということでやってみます。

ちょっと自分的許容範囲を超えています。

前輪のリムを後ろで使おうと考えました。位置を間違えないようにシールでマーキング。

スポークがバラバラになると訳が分からなくなりそうなので養生テープで留めました。

続いて後輪。ニップルを全て外して、前輪のリムと交換します。

ニップルはワイヤーブラシでサビを落として再利用。

振れ調整

ローラー台に固定して横の振れを調整します。初めてにしては上手く出来たと思います。

ん~難しい。縦の振れを直していると、横の振れが大きくなってしまいます。

キリがないので適当なところで妥協。縦の振れが少なくなることを優先しました。

一応前輪も。こっちはいい加減です。左右方向のセンター出しはしていません。(後輪も)

ギア付き自転車発電機完成!

サビを落としてきれいにしたら、なかなかどうして、いい感じです!

グリップもきれいになりました。

さあ漕ぐぞ~

ちょっとずつ効果が出てきています。数ヵ月後にこちらもレポートしたいと思います。

【関連記事】

(2013-07-01 /6gear_hatsuden)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル