BMW用ジャッキアダプターを作る

BMW車をジャッキアップする時用のアダプタを3Dプリンターで作りました。

s-bmwjack001

黒い四角いブロックが作ったジャッキアダプター。

E46(318i)のジャッキアップポイントはプラスチック製の四角い箱が付いていて、そこに専用ジャッキの頭が入るとずれ落ちることが無く、安全に使えるようになっています。

s-bmwjack002

純正の車載ジャッキ。白い四角いブロックが嵌ります。

s-bmwjack003

所有の油圧ジャッキだと四角い樹脂を痛めるので、木端を噛まして使っていました。

s-bmwjack004

ピンを外せば上の金具が抜けるので、コレに代わる専用ブロックを作ることにしました。

純正車載ジャッキの頭部分と油圧ジャッキのカップ部分を測って、それを合体したような形のアダプターを作ることにしました。

s-bmwjack005

4個の足はプリント中の剥がれ防止用です。最後に折って捨ててしまいます。

s-bmwjack006

何回やっても剥がれて失敗したので、こんな足付きのモデルになりました。

s-bmwjack007

Fill Density(中の密度)はとりあえず60%にしました。

s-bmwjack008

密度60%はこれぐらい。心配なのは車重に耐えられるのかどうかです。

s-bmwjack009

4時間ぐらい掛かってプリント完了。やっと上手くできました。

s-bmwjack010

サポート材を切り離したら、完成です。

s-bmwjack011

ブロックをギリギリまで薄い形にしたので余裕でフロアジャッキが入るようになりました。

s-bmwjack012

四角い縁の部分には荷重が掛からない寸法です。

s-bmwjack013

心配だったABSの密度60%ですが、凹むこともなく、問題無さそうです。

s-bmwjack014

当初ハニカム構造を考えたのですが、プリント時間が11時間と出たのでやめました。

s-bmwjack015

最初はこっち向けにプリントしました。表側が綺麗な方がいいので、その後は逆に。

s-bmwjack016

改良を重ねて納得出来るモノが完成しました。

この後ウマ用とエンジン下用のブロックも作りました。コレについてはまたあらためて。

こちらです。

(2016-02-08 bmwja1)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル