行灯(あんどん)の作り方

和室用のランプを作りました。欲しかったのは後の横繁障子と同じモチーフの行灯。どこを探しても売ってませんでした。無ければ作るべし!

s-IMG_7667

ランプはE17の電球型蛍光灯が付いています。

まずは、設計

横繁障子の組子と同じ1:4の比率で側面のミニ障子を作り、それを囲むように□14の角材でフレームを作りました。ミニ障子とフレームは嵌めてあるだけの構造です。

s-render

単純な形状なので、3Dモデリングは簡単です。(本体サイズ:W182*H348)

材料を買ってきました。角材と電気部品数点。

s-IMG_7645

電源コードは100均の延長コード切って中間スイッチをつなぎます。

製作は刻み作業から

薄い板はデザインナイフ、太い角材は100均ノコで切りました。

s-IMG_7655

これを組んで、ミニ横しげ障子を4枚作ります。

組み付けた状態

s-IMG_7660

スコヤで直角を確認しながら木工用ボンドで接着します。この後、障子紙を貼ります。

フレームの部材

s-IMG_7658

当初ホゾを考えましたが、楽なダボにしました。角材の端面をペーパーで整えます。

フレームを接着後、E17ソケットを取り付け、障子をはめ込んで完成。

s-IMG_7676

障子を別のパターンで作って入替えれば、違ったイメージにもなります。

s-IMG_7678

これで作ればアジア風になりそうです。

【材料】

  • 2X5桧材 900 8本 256円
  • □8桧材 900 4本 312円
  • □14モミ材 900 5本 490円
  • Φ6桧材 900 1本 78円
  • 中間スイッチ 1コ 278円
  • 延長コード 2本 210円
  • E17レセップ 248円
  • 天津すだれ 98円

(2010-08-23 /andon)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル