iMad故障~電源修理

iMadのメインスイッチを押しても全く反応無し。まだ半年しか使ってないのにもう壊れたの?こういう場合は電源が怪しいと考え、早速分解しました。

Aopenの200W/FlexATX電源。iMadのカバーを順番に外して、やっと現れました。

電源にアクセスできる状態になったら、マザーボードとの接続を外します。押入れに保管してあった別の電源を繋いでiMadのスイッチを入れると・・・・・すんなりと立ち上がりました。

この電源が壊れたのが確定です。ネジを外してみます。

ラベルの下に隠れていたネジ。こういうのに気付かないとあきまへん。

電源の故障はほとんどの場合、電解コンデンサのパンクが原因だと思います。

ここの大きめのコンデンサは見たところ問題なし。

こちら側はたくさんコンデンサがあります。

膨らんでる。漏れてる?

この2つを交換して直れば儲けもの。ダメなら他を当たってみます。

330μF 10V 105℃ TEAPO製

85℃品だけどまあいいか。原因究明が優先です。

恐る恐るスイッチを押すと・・・何事も無かったように立ち上がりました。ヨッシャ~!!!

(2012-11-09 /200dengen)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル