カブ・テール球改造

元々はテール・ストップ共に赤LEDが点くタイプです。コレを買った当時はLEDバルブと言えば砲弾型が主流でした。テープLEDどころか、SMDも見かけなかったです。

s-tailled003

この面にぎっしり19LED。

s-tailled002

側面も光るようになっていますが、これも赤。全部赤の35LED。

まずは改造前のLEDの状態を確認します。

s-tailled004

35LED全てが赤なので、ナンバーも暗室のように怪しく光っています。

これをナンバーも明るく光らせたい、というのが今回の趣旨です。

s-tailled019

白テープLED1ユニットを側面に貼付けます。両端はセメダインスーパーXで固定しました。

s-tailled020

ソケットに隙間があったので、そこにコードを通す形になります。

s-tailled009

バルブを締め込んだ時に真下に来る位置に貼り付けています。

s-tailled010

ナンバーの文字がはっきり見えます。

ではレンズを付けて比較します。

s-tailled011

電球の場合。

s-tailled005

35赤LEDの場合。

s-tailled0012

35赤LED+3白LEDの場合。

LEDはレンズの円い部分が点で光るのがイイ。ナンバー灯は白LED3個で十分明るいです。


上手くいった~と悦に入っていたのですが、カブのストップランプは直流、テールランプは交流なんですね。LEDが壊れないうちにテールランプもDCが流れるようにしようと考えました。

s-tailled015

テスターで電圧を測ってみるとアイドリングで7.8VAC。吹かすと電圧も上がります。

LEDに直流を流すには既存のDCラインから引っ張ってくるのが一番簡単だと思います。リアストップスイッチの手前の黒線に2股ギボシを挟んで分岐させることにしました。

s-tailled017

茶がテールに行く(+)、緑/黄がストップ(+)、青はハイマウント用に追加した(+)です。

テープLEDを貼っただけの簡単な改造ですが、以前の電球よりも明るく、省エネなLEDバルブが出来ました。ヾ(^Д^*)ノ自己評価は95点。

(2015-08-07 /tail_stop_led)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル