黄金カイロの点火器

小学生の頃に愛用していたナショナル黄金カイロ[BG-304]と、現在売られているコールマンのポータブルイージーウォーマー。ベンジン注入から点火までの儀式がたまらなくイイ。

s-IMG_ougon

ハクキンもいいけど私は黄金派です。コールマンの方は作りがガタガタでダメ。

今回の主役は点火器の方です。ポケットに携帯できる、小さいのが欲しい。
・・・ということで電池ケースの素材として使えそうな100均ライトを買ってきました。

s-abcd

右上や左下のが使えれば小さくて良いのだが・・・。

s-IMG_8054

本当はこんな感じにしたかったけど、CR2016×2コではパワー不足ぽい。

電池の両極にテスターを当てて電流を測ってみると、アルカリ乾電池が5A近いのに対し、ボタン・コイン電池はどれも直列6Vの状態で最大0.7A程度でした。これでニクロム線を赤熱させるのは難しそう。アルカリ単4なら行けると考え、”ビッグ5″に単4を収めることにしました。

セリアで買った”BIG5″。LR44×4でかなり明るい。電池を買うつもりならコレを買うべき。

s-IMG_8027

アルミ製のボディ。この胴体とスイッチ部2コで作ります。

スイッチを外側から押し込んで抜き取ります。

s-IMG_8043

単4が入るように、2つとも内側をヤスリで拡げます。(左側は加工後の状態)

シガープラグ先端の電極やボールペンのバネを利用。電極の抜け留めを作りました。

s-IMG_8045

お尻側はアルミ板を円く切って嵌め、その上から電池接点を押し込みました。

s-IMG_8049

バッチリ! この部品はプラスチックですが樹脂メッキは電気を通します。

ナショナル黄金カイロ専用です。

s-IMG_8048

コールマンはニクロム線が太くて、赤くなりません。

(2010-11-15 /ougon)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル