風防ガラス傷取り失敗

今回傷を取りたいのは白い文字盤のSEIKOタイプII。浅い傷がたくさん付いています。

s-kizuware002

文字盤の色と模様のおかげで傷が見えにくいですが

s-kizuware001

拡大してみると細かい傷がたくさん付いているのが分かります。

s-kizuware003

砥石はダイソーの先端ツール。

s-kizuware004

一緒にバフも買って来ました。

s-kizuware013

砥石を装着完了。さてと・・・

s-kizuware006

わっ。すりガラスみたいになってしまいました。

s-kizuware014

元の傷は見えませんが、ちょっとやりすぎたか?

s-kizuware007

これを#600から水研ぎします。

s-kizuware008

バンドを外したりしながら、最後は#1500で。

s-kizuware009

まだくすんでいますが、だいぶ文字盤が見えるようになりました。

s-kizuware010

ここからは酸化セリウムを付けて綿棒バフで磨きます。

s-kizuware011

今回ダイソーで買ってきたフェルトバフも使って。

s-kizuware015

あちゃ~。 翌日見たらこんなヒビが(;゚Д゚)。やってもーた。

s-kizuware012

バフ掛けは中止。この時計は完全な部品取りと格下げになりました。

敗因は砥石の粒子が粗過ぎた事。そして温度変化でピキッと入ったのだと思います。

(2014-02-10 /fubo-ware)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル