ラジオに外部アンテナ端子を付ける

枕元ラジオとして使っているSDD-4332にAM/FM外部アンテナ端子を付けました。

s-sdd009

上がAM、下がFM。

このラジオにはAMはバーアンテナ、FMは1本線のアンテナが付いています。この手のラジオの中では受信性能は悪くないと思いますが、外部アンテナには敵いません。ただし接続端子が無いので本体にアンテナを巻き付けて同調させる方法になります。(AMの場合)

s-sdd008

AMはこの接続方法で良く受信するけど見た目がちょっと。

なので、AM、FMとも3.5mmミニジャックで接続できるようにラジオ本体を改造します。

s-sdd001

上の棒状のがAM用フェライトバーアンテナで、右の黒いコードがFM用のアンテナ。

s-sdd002

スピーカーの下に隙間があるので、ここにミニジャックを付けることにしました。

s-sdd003

ドリルで穴あけ完了。

s-sdd004

基板のアンテナ部にコードをハンダ付けします。

s-sdd005

FMはとりあえずプラス側のみ。もう一方はどこに繋げばいいのかよく分かりません。

s-sdd006

こんな感じになりました。元のアンテナは生きたままです。

s-sdd007

違和感はありません。が、知らない人はイヤホンを挿してしまうかも知れません。

s-sdd010

使用状態

s-sdd011

中心から片側半分は飾りですが、良く受信します。そのうちもう片方も繋げてみます。

s-sdd012

AMは以前作ったループアンテナを接続。

AMは以前(上から2枚目の写真)のように本体に巻きつけた方が音が良い気がします。現状はアンテナが2つ付いている状態だからでしょうか。内蔵バーアンテナの外側にコードを巻き付けて、そこにミニジャックを付ける方法や、ミニジャックをスイッチ付きにするというのも試してみようかと思います。

続きはこちら (’12.5.25追記)

(2012-01-16 ex_ant)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル