Oral-Bの分解修理

毎日使っている電動ハブラシ[BRAUN Oral-B Vitality]が動かなくなりました。スイッチを強く押すと動くこともあるので、接点の問題ではないかと予想します。

s-oralb_v014

先代のOral-Bも動かなくなって分解しました。その時は中がサビだらけでした。

これの前に使っていたOral-Bは底の部分をねじったら開いたんですが、この機種はいくらやっても開きません。そりゃ開かないわ。上側をねじって開ける構造でした。

s-oralb_v001

開け方が分かるまで時間を浪費。先端部をペンチで挟んでひねればすぐ開きました。

s-oralb_v002

ギアの周りの青いパーツをつまんで引っ張り出します。

s-oralb_v003

やっぱりサビサビになっていました。

s-oralb_v004

モーターの鉄板が錆びています。先端の隙間から水が入ったような感じです。

s-oralb_v005

青いパーツを取り外し。

s-oralb_v006

ハンダを溶かしてモーターを外してみると・・・結構サビています。

s-oralb_v007

556とペーパーでモーターのサビを落として、接点を磨きました。

s-oralb_v008

スイッチの接点も真鍮ブラシで磨きます。

s-oralb_v009

モーターをハンダ付けして組み直し。スイッチを押すと勢いよく動きました。

s-oralb_v010

ギヤ部分と水が入り込みそうな先端部にシリコングリスをたっぷりと。

s-oralb_v011

ハウジングの内側を綺麗に掃除してからもう一度入れて

s-oralb_v012

ひねりながらフタを押し込んだら修理完了です。

s-oralb_v013

電池はそのまま継続使用ですが、あと2-3年は使えそうな感じです。

(2013-06-04 oral_b)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル