2倍使えるワイパーの作り方

E46のワイパー替ゴムは近所のホームセンターやカー用品店では手に入りません。BMW純正品を買うか、他車用を加工して流用するかどちらかのようです。

ブログ的にも、後者の方法で行きます。

台形6mmが取付可能

調べてみるとE46のワイパーは断面形状が台形6mmのタイプが取り付けられるとのこと。ただし他車用でポン付けできるのは助手席側の500mmだけ。

D2で598円だったエスティマ用の替ゴム。これを575mmに切れば運転席側に使えます。

リアワイパーを交換

今回交換するのはリアワイパーの替ゴムです。長さは300mmなので、600mm以上のゴムを買ってくれば2本取れるという話です。

リアに付いていたワイパーは何年使われたのだろうか?ゴムが裂けています。

エスティマ用700mmの替ゴムは純正と比べるとストッパーより先が長い。

1本を2本に加工

2本取れました。上の物は右側を短くする必要があります。

表面を脱脂した後、PP用プライマーを擦り付け、接着剤[ウルトラ多用途SU]を盛りました。

他の3つの爪をレールに通しておいて、ここだけペンチで外に広げて挟み込みました。

樹脂カバーの内側に収まっていればOKです。

ピッタリ密着。

動作確認OKです。

BMWに限らず、断面形状が同じで、長さが2倍以上の替えゴムなら2本取れるという話。まあ合うワイパーがどこでも買えるなら、わざわざ作ることも無いとと思いますけどね。

BMW関連記事

「BMW」の記事一覧です。

(2012-07-20 /wiper)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル