iMacキーボードの修理

キートップをマジックリンで掃除したら、キーボードが反応しなくなってしまいました。
おそらく、液体が内部まで浸透してしまったからだと思います。そこで、キーボードを分解して、接点部分を掃除してみました。

s-IMG_5940

30本近いネジを外すと、接点となるシートが出てきました。

水分が入り込んだとしたら、このシート部分と考えられるので、接点の部分をソルベントできれいに拭きました。このシートは3枚重ねで、一箇所溶着して3枚がずれないようになっていました。

s-IMG_5945

シートの重なり合う面全体をソルベントで拭きました。

きれいになったシートを板金パーツに乗せ、それを裏返してキートップASSYに乗せます。ネジを軽く締め込んで、最後に全てのネジを強く締め込んだら、一段落。

基板を取付けて、ケーブルをMacにつなぎ、各キーがちゃんと動作するかテキストエディタで文字を打って確認します。

s-IMG_5948

写真では緑のゴムが1コ足りませんが、実際は全て入っています。

s-IMG_5950

樹脂カバーの内側もきれいにしました。現在は何事も無かったように機能しています。

(2009-10-16 keyboad)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル