デッキブラシを直す

ガレージの床を掃除しようとデッキブラシを見てみたら・・・柄がボロボロ。でも表面のシートが破れただけで買い替えるのも何だなぁと思い、修理することにしました。

s-deckbrush001

ずっとアルミのパイプだと思っていたら、銀色のシートが巻いてあるだけだったとは。

屋外に放置してあったもんだから紫外線でシートが朽ちて、雨でパイプがサビサビです。

s-deckbrush003

グリップの方は完全にパイプが露出してサビもひどいです。

s-deckbrush004

先端のブラシはネジ式になっていました。

s-deckbrush005

グリップは回しながら引っ張ったら抜けました。

まずはペーパーでサビを落とします。

s-deckbrush006

表面のザラザラ感がなくなる程度に磨きました。

s-deckbrush007

サビを落としたら、パーツクリーナーでしっかり脱脂。

柄をコーティングしようと思って物干し竿用の収縮チューブを買ってきました。残念ながらデッキブラシの柄には太すぎて使えませんでしたが、別の用途で使えそう。これがダイソーで入手できたことは収穫です。

s-deckbrush013

ステンレス竿の時代では需要が無さそう。でもコレでバッテリーパックが作れるよ!

「物干しさおカバー」といっしょに塩ビシートも買いました。 これを貼ることにします。

s-deckbrush008

売り場で一番長かった120cmのシート「フレンチストライプ」をチョイス。

s-deckbrush009

柄の周長+20mmぐらいの幅でカット。

s-deckbrush010

シワが出来ないように引っ張りながら巻いていきます。

s-deckbrush011

フランス風デッキブラシ。ピンクのストライプも中々いいんじゃない?

s-deckbrush012

先端部のスキマをシリコンシーリングで防水したほうが良いかもしれません。

(2013-12-27 /deck_b)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル