スポンサーリンク

【純正品】ブラウンシェーバーの替刃比較【互換品】

ブラウン300Sの刃を掃除していたら、手が滑って床に落としてしまい、刃が破れてしまいました。こうなったら刃を交換するしかありません。

あ~あ。不注意が悔やまれます。一瞬で3,000円の損失。

純正&互換

折角の機会なので、3,000円する純正品と、700円ほどの互換品の両方を買って、比べてみようと考えました。

片側は無傷なので取り外して使えると思ったけど、よく見たら左右の孔が繋がってました。

純正品

替刃はすぐに欲しいので3,000円の純正品をまず注文。そして安い互換品は中国発送なので、到着を待ちます。

https://amzn.to/46TwNwx

 

18ヶ月で交換を推奨しています。2019年に300Sを買って、4年使ったので刃は寿命だね。

 

300Sの替刃は[シリーズ3 F/C21B]

 

未使用新品

破れた刃との比較

どちらも純正品なので、当然ながら全く同じです。

 

内側も全く同じ。

 

使い始めようと思ったんですが、比較のため、互換品が届くまで待つことにします。

 

破れた刃はビニールテープで穴を塞げば痛くなく一応使えます。

互換品

https://amzn.to/3M5ztiR

amazonで7-800円で売ってます。

パッケージは簡素な箱です。

中国発送なので、注文から到着まで13日掛かりました。

 

ぱっと見は純正とそう変わらないです。

比較

純正品と互換品を並べて、違いを見てみます。

上:純正 下:互換

よく見ると真ん中の刃のエッジが互換品はダレている感じがします。

上:純正 下:互換

内側はサスペンションが純正品は金属のバネなのに対し、互換品は両脇に付いた樹脂の部品で代替しています。動きもイマイチ戻りが悪い感じです。

動作音に違いがあるか、比較してみました。

明らかに違いますね。

まとめ

3,000円の純正品と700円の互換品を比べたら、価格相当でした。メーカーに卸す製品を横流しした物なのか、勝手にコピーした物なのかが気になっていたのですが、後者のようです。

  • 見た目の比較では互換品は刃のエッジがダレ気味なこと、内側のサスペンションが樹脂製なことが大きな違いです。
  • 音の比較は互換品の方が音が低い。=回転数が遅い=外刃と内刃のすり合わせに抵抗が大きいのではないかと思います。
  • 剃った感じは純正品がツルツルの細かい金属が肌に当たっている感じに対し、互換品はガサッとした粗い感じ。

総合評価

純正品を100点とすると、互換品は80点ぐらい。互換品の剃り味がそれほど悪いとも思えませんが、違いは分かります。

とりあえず純正品を使って、互換品を予備として保管しておくことにします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました