風呂ドア割れ修理

風呂ドア上側のプラスチックが割れてしまいました。この部分は過去に一度修理しているのですが、また割れてしまったようです。

透明板の角の位置が割れています。ドアを締めるたびに亀裂が広がります。

ここが割れる原因はドアの上に付いているローラーがアルミサッシに乗り上げる時に大きな力が掛かることと、樹脂が経年劣化していることだと思われます。

ローラーがバネで下に引っ込むようになっています。

ドアの取り外しは上の金属板を押さえているネジを外します。

以前補強に貼り付けたABS板が真二つに切れていました。1.5mmの板では弱かった模様。

折れた板をカッターで取り除いた後、今度は3mmの板を隙間に押し込み、接着しました。

これで当分は大丈夫だと思います。

樹脂が黄変してきているので、次また割れたらドアごと交換を検討します。

(2013-02-19 /furodoor)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル