スポンサーリンク

【レビュー】ケルヒャー高圧洗浄機【K3 Silent】

以前から欲しいなぁと思っていた高圧洗浄機を買いました。これを使って家の外壁やコンクリートの汚れ、車検前の下回りなどを綺麗にしたいと思います。

KARCHERのK3サイレント ベランダ。10.3Kgあるので、結構重いです。

機種選定

家庭用高圧洗浄機といえば、ケルヒャーです。日本メーカーの製品もありますが、ここはブランド重視で買おうと思い、調べてみるとK3 Silentというのが水圧や値段的に良さそうです。実機を確認しにD2に行ってみると、K3 Follow me DCMというDCM独自の機種を発見。

高圧洗浄機 K3FollowMeDCM 1.601-992.0 KARCHER(ケルヒャー) 洗浄機 | ホームセンター通販はDCMオンライン
洗いたい場所へラクラク移動 ●本体はコンパクトなのにパワフル!水道圧の約50倍の圧力で洗浄。●工具無しで簡単に接続が出来る。●本体に標準装備品類をまとめて収納可能。●バリオスプレーランスの低圧モードで洗浄剤が使用できる洗浄剤タンク付き。●コンクリートの苔、外壁などの頑固な汚れも落とすことができるサイクロンジェットノズ...

アメリカ等で発売されているモデルのようですが、重量が5.9kgで、候補のK3サイレント(10.3kg)よりも4.4kgも軽いのです。軽いのはメリットでもありデメリットでもあり。

水冷式静音モデル | ケルヒャー
ケルヒャーはドイツのヴィンネンデンから世界的に活動する家族経営の会社で、クリーニング技術の世界的なマーケットリーダーです。ケルヒャーは、60カ国で10600人以上の従業員が活躍しています。

K3サイレント(10.3kg)が重いのは、モーターの周りに付けた水冷機構のためで、コレによって静音性と耐久性をアップしているようです。

値段はどちらも同じぐらいなので、耐久性を重視してK3サイレントを買うことにしました。K3サイレントに、ベランダ掃除用ブラシと水タンク給水用ホースが付属したバージョン(別に買うと1万円ほど)が約2,000円高の[K3サイレント ベランダ]にしました。

開梱組み立て

まずは中身の確認。

強力なサイクロンジェットノズルと、水圧調整できるバリオスプレーランスの2種類入り。

上部の黒いキャップの所には洗剤を入れて使うようです。

一度はめ込むと、外せなくなるトリガーガンホルダー。

伸縮ハンドル(これも嵌め殺し)を取り付けて組み立て完了。

使ってみた

サイクロンジェットノズル

コンクリートは「サイクロンジェットノズル」を使うと、簡単に汚れが取れて気持ちイイ!

コンクリートの粒のようなものが飛び散ります。

ゴミ箱半分だけ綺麗にした状態。

注)「サイクロンジェットノズル」は強力過ぎて、塗装が剥げてしまいました。

バリオスプレーランス

続いてもうひとつのノズル「バリオスプレーランス」を使って、自転車置場の屋根(スモークのポリカ)を掃除してみます。

Before

3-4年掃除していないので、全面に苔のようなものがこびりついています。

After

スッキリ!「バリオスプレーランス」は最もHARDな設定で使いました。使用感としては、コイン洗車場の高圧洗浄機と同じぐらいの水圧です。

まとめ(動画)

(3:00)

  • サイクロンジェットノズルでブロック塀、コンクリートの汚れが簡単に落とせます。
  • 取説にも書いてありますが、塗装面にサイクロンジェットノズルはNGです。
  • サイクロンジェットノズルでコンクリートを掃除すると、砂のようなものが周りに飛び散ります。最後に洗い流す必要があるので、段取りよく作業するのが吉。
  • サイクロンジェットノズルのパワーは強力です。手で触るのは無理(危険)。
  • ノズル先端を壁や地面に近づけるほど水圧が掛かり、洗浄の範囲は狭くなります。
  • バリオスプレーランスはコイン洗車場の高圧洗浄機と同等の使用感です。
  • もっと水圧の高い製品もありますが、K3=10Mpa(max)で力不足とは感じません。

コメント

  1. ojisan より:

    なるほどなるほど、結構汚れが取れますね
    これを、手でゴシゴシやったら疲れるでしょうねぇ
    翌日は筋肉痛に悩まされそうです

    ところで、音はどんな具合ですか
    動画では、実際の大きさは?ですので。

    • oink! より:

      はい、きれいになります^^
      膝あたりが砂まみれになるので、汚れていい服か、カッパを着ないとダメですね。
      音はそれほど気にならないです。機械の音よりも水が当たる音のほうが大きいですが、少なくとも近所迷惑というレベルではないです。

  2. 鍛冶屋 より:

    ケルヒャーのポータブルタイプを使っています。
    動画を見ましても、oink! さんのキャリータイプとははっきり噴出水量が違います^^;)。ポータブルタイプは、自転車・バイク・車の足回り程度には重宝しますが、壁や床の洗浄には能力不足ですね。

    水圧はホント強力で、塗装面にはかなりダメージがあります。スクーターのパネルも、はっきり艶がなくなりました(表面のクリヤーが飛んだ感じ)。ノズルを近づけ過ぎると、パネルも割れちゃいそうです。
    洗剤タンクも付いていますが、それを使うとそこらじゅう泡だらけになり、その泡を消す(流す)のが大変になります・・・。

    また、サイレントタイプではありませんが、oink! さんが仰るよう圧水が対象物に当たる音の方がずっと大きいので、ポンプの音(トゥルルル・・・という感じ)は気になりません。

    • oink! より:

      ポータブルタイプはK2ですか?
      そうですかぁ。水量が違いますか。壁や床に使うと、とにかく砂が飛び散るので、それの後始末が大変です。
      洗剤で泡だらけになるとすると、ちょっと大変そうですね。マジックリンとか、泡の立ちにくい液体だとどうなんでしょう?車の下回りのオイルパンの汚れとかは、お湯のため水でやったら油が溶けそうな気がします。

タイトルとURLをコピーしました