ユニバーサルアダプター

AC100VとDC12Vの入力からDC12V~24Vが出力できるノートPC用アダプターです。昼はソーラーパワー、夜は商用電源に切り替えて使えるので便利です。

s-meind001

箱は蓋にマグネットが付いていて、ちょっと凝っています。

アルミ製でしっかりした作り

これに一番期待するのは11.5V~14.7Vぐらいで変動するバッテリーを入力として、昇圧・降圧して12V一定の出力として使えたらいいな・・・ということです。

s-meind002

楽天で3千円ほどで購入。(鍛冶屋さん情報ありがとうございました。)

s-meind003

ケースはアルミ製で、シガープラグの造りもしっかりしています。

s-meind004

プラグは8種類。全てセンタープラス(だと思います)。

s-meind005

出力電圧は12/15/16/18/19/20/22/24VDC。PRC.と書くのは中華っぽさを隠すため?

テスト開始

早速入力側にシガープラグ付のケーブルを挿してバッテリーに繋ぎます。バッテリーの電圧は14.7Vほど出ていますがこれを12Vに下げてくれるのか試してみます。

s-meind006

だめじゃん!そのまま素通り

s-meind011

電圧が12V以下に下がったバッテリーだとどうか?

s-meind012

12Vに昇圧しています!

スライドスイッチを16Vにセットしてみました。

s-meind007

16.35Vに昇圧。

今度は24Vにセット。

s-meind008

24.5Vで安定しています。

入力をバッテリーからAC100Vに替えてみても、やはり24.5V。

s-meind009

AC100VからDC12Vを出力すると11.9Vでした。

s-meind010

昇圧・降圧の動作

結局のところ、DC12Vin-DC12Voutにすると、12Vに満たない入力は昇圧して12Vにしてくれるけど、12V以上の入力だとそのまま出力されるみたいです。一定の電圧で使うなら19VのPCや24VのMac用として昇圧して使うほうが良さそうです。

バッテリーからDC12V一定出力にするには、このアダプターで一旦15Vに出力して、三端子レギュレータで12Vに下げれば行けそうです。(大電流は流せませんが。)

(2012-11-29 meind)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280 レクタングル