スポンサーリンク

【DIY】iPhone6sバッテリー交換(2回目)【大成功】

子供が使っているiPhone6sですが、バッテリーがすぐに空になるので交換して欲しいとのこと。2年前にDIYで交換したので2回目になります。

iPhoneのバッテリー交換は慣れれば15分でできます。

バッテリーの状態が表示されない件

iOS12以降ではバッテリーの容量が表示できるのですが、DIYでバッテリーを交換すると、たとえそれがapple純正バッテリーでも容量が正しく表示されない仕様らしいです。

設定>バッテリーを見ると、 バッテリーの状態 サービス >と出ています。アップルの正規サービスプロバイダに持って行けという意味。

最大容量 ー となっていて、消耗レベルが分かりません。

以前は使えていたBatterylifeもiOS12にアップデートした以降は使えなくなっています。

DIGIFORCEのバッテリー

前回はBig heart製だったのですが、今回は割と評判の良いDIGIFORCE製を選んでみました。

パッケージ

至れり尽くせりです。

ドライバーの加工精度もしっかりしています。

白いマグネットシートが付属しているのですが、ネジを置いておくためのもの。

取説も丁寧に説明されています。

交換作業

iPhoneを開ける作業はもう何回もやっているので、全く不安はありません。輪ゴムでパネルを垂直に固定し、フレキに負荷が掛からないようにします。

失敗は、開けた時に裏側の黒い薄いフィルムが剥がれてしまったこと。

バッテリーは割とすんなり剥がせました。

今までのBIG HEARTと、新品DIGIFORCE。

粘着テープをバッテリーに貼り付けたところ。

コネクタを繋げてからバッテリーを貼り付けます。

黒いフィルムが剥がれた所はカプトンテープを貼っておきました。

動作確認

特に問題なく起動しました。

閉める前に電源を入れて確認。

バッテリーの状態 サービス >となっていたのが、サービスの文字が消えています!

最大容量 100% と表示されています!

まとめ

バッテリーの交換作業自体は特筆すべきことはありません。

意外だったのは、バッテリーの状態(容量)がちゃんと表示されるようになったことです。wired.jpの記事ではapple純正のバッテリーを購入して、DIYで交換した場合でも表示されないと書かれていたので、100%と表示されているのを見た時は驚きました。appleが何かOSアップデートで変更したのでしょうか。

DIGIFORCE製だから容量が正しく表示されるということではないと思いますが、この製品は工具の精度がイイし、粘着テープは2回分入っているし、オススメです。

コメント

  1. tara より:

    僕も交換しましたが
    輪ゴムで止めるはいいですね
    手でやりながらというより
    道具を使ってなんとかしようという発想は身につけたいです

    粘着テープですが
    僕は貼ってません。
    取り外す際に、ショートして爆発というのも可能性にあるためです。

    特段、困るということもないので
    なくてもいいのかなと

    • oink! より:

      輪ゴム方式は付属の取説に書いてありました。簡単ですね。
      粘着テープは切れてしまうと剥がすのが大変です。
      ヘラでこじるとバッテリーが変形するので、火を吹かないかとヒヤヒヤします。
      貼らなくても済むならそのほうがいいですね。
      ただ、中で動いて静電気が起きるとか、フレキに負荷が掛かるとかがちょっと心配です。

      • tara より:

        なるほど… 静電気、ケーブル負担ですか…

        そこは考慮してませんでしたね…
        バックアップは定期にとっていますが、それは不安ですね…

        テープを部分的に、両面テープで代用なら剥がすときにマシにはなるかもしれません

        次交換する際に試してみます

  2. ojisan より:

    あれー
    コメント欄、復活したんですね
    昨日はなかったとおもいますが

    このキットは、本当に至れり尽くせりですね
    輪ゴムまでついているんですか・・・輪ゴムねぇどうなんでしょうか
    自分で用意してもバチは当たらないと思いますけども・・・

    • oink! より:

      コメント欄は昨晩気がついて、表示に切り替えました。スイマセン。
      このキットはホント至れり尽くせりです。
      iPhone用互換バッテリーを買うならDIGIFORCE。オススメです。
      次はバッテリーだけ安く買えればいいのですが、売ってないんですよね。

  3. とと より:

    いつも楽しみに読ませていただいています。
    バッテリーの最大容量表示ですが、表示を前のように復活させてくれた
    訳ではなく、劣化してもずっと100%表示固定のままの仕様のようです。
    当方のiPhone6plusでDIY交換したのが劣化してるのに100%表示のままで、
    不思議に思い調べたらそのように書いてあるページを見た記憶があります。

    • oink! より:

      >劣化してもずっと100%表示固定のままの仕様のようです。
      そうだったんですかぁ。中古のバッテリーを付けても100%と表示されるんでしょうかね。しかし何なんでしょう、appleのその中途半端な対応は。
      情報ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました