スポンサーリンク

【愛鳥週間】雀がいない。どこに行った?【画眉鳥】

5月10日~16日は愛鳥週間。最近ちょっと気になっているのですが、スズメを全く見なくなりました。昭和の頃はそこら中にいたし、一番身近な鳥じゃなかったっけ?

場所によっては、いっぱい居るんですかね?

東京郊外

私の住んでいるのは東京都下、西の方の多摩地区なんですが、近所を歩けば木がたくさんあり、いろんな鳥が生息しています。鳥にとっては楽園のような所です。

でもなぜかスズメが全くいません。

姿を見たり、声を聞く鳥といえば・・・

ガビチョウ、シジュウカラ、カラス、ハト、カモ、オナガ、メジロ、ウグイス、ヒヨドリ、アオサギ、トンビ・・・

鳴き声

自分で撮ったものよりもYouTubeに素晴らしい動画がたくさんあるので、埋め込みで失礼。

ガビチョウ

賑やかな鳥です。かなりの数が生息している感じです。大声で鳴くこの鳥は何かと思って調べたら、画眉鳥ということを知りました。

ツクツクボウシの鳴き真似したり、かわいい鳥です。

シジュウカラ

この鳥もよく鳴き声を聞きます。「ツピツピ」でググって、シジュウカラと分かりました。

鳴き方が色々あって面白いです。

ウグイス

鶯と言えば「ホーホケキョ」ですが、谷渡りという鳴き方もよく耳にします。私には「トテチテトテチテ」と聞こえます。

子供の頃はメジロがウグイスと思っていました。

雀の生息数

全く見なくなった雀は絶滅寸前なのか?と思ってちょっと調べてみました。

詳しい統計解析にかけると1987年から2008年までの約20年間に、スズメの個体数は6割減少したと推定されました。

減っていたスズメ〜標識調査のデータから|鳥類標識調査 仕事の実際と近年の成果|山階鳥類研究所
減っていたスズメ〜標識調査のデータから|鳥類標識調査 仕事の実際と近年の成果|鳥類学(鳥学)を専門にしている研究機関、山階鳥類研究所のウェブサイトです。

私は,現在のスズメの個体数は,1990 年ごろと比較すると,20%から50%程度に,1960 年ごろと比較すると10%程度になったと考えている.

日本におけるスズメの個体数減少の実態
J-STAGE

60年前の1/10まで減っているとのこと。(2008年の時点で)

 

最新の調査によると20年前の2/3程度に減っているようです。

スズメ、ツバメ大きく減少 将来「対策の可能性」―環境省調査:時事ドットコム
環境省は25日、約20年ぶりに行った国内の鳥類の分布調査結果を公表した。1990年代の前回調査と比べ、スズメやツバメの個体数が大きく減少。同省によれば「このままのペースで減少し続けると、将来的には絶滅危惧種に指定するなど対策の可能性が出てくる」という。

スズメの個体数は前回調査の3万1159羽から2万627羽に減少。

前回:’97-’02、今回:’16-’21 全国のスズメは20年前の約2/3に減少している。

キャプチャ元:東京都鳥類繁殖分布調査>これまでの結果

東京の状況で興味深いのは、減っているのは郊外だけで、都心部は逆に増えているということ。都会は残飯とかエサになるものが豊富にあるということなんでしょうかね。

まとめ

ウチの周りではガビチョウとシジュウカラが増殖して、雀は絶滅寸前といった印象です。

増加するホンセイインコやガビチョウ。スズメも都心部で増加 | バードリサーチニュース
 「キェ キェ」空から響く怪鳥のような声。20年前には一部の地域でしか見られなかったホンセイインコの声です。今年から始まった東京都鳥類繁殖分布調査では90年代の調査では聞かれなかった多くのメッシュでその声が聞かれるようになりました。まだ一部の調査地のデータしか得られていませんが,このホンセイインコの増加以外にも,カワラ

多摩地区でのガビチョウの増え方が凄い。

引用:東京都繁殖分布調査報告

スズメが都会に移動してしまったのは、ちょっと寂しい感があります。代わりに増えているガビチョウは[特定外来生物]ということで、あまり好まれない鳥のようですが、人を怖がらないし、中々かわいい鳥です。夏に聞こえるツクツクボウシの真似は笑えますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました