独立型520W(まとめ)

屋上に200W追加して520Wとなったソーラーパネル。チャージコントローラーやバッテリー、ケーブルの容量を考えると、この辺で打ち止めと考えています。

50W6枚+100W2枚+10W2枚。

520Wソーラーシステム概要

20Wから始めたソーラー発電も一区切りです。520Wという発電量はチャージコントローラーの上限30A、バッテリー285Ahともバランスが丁度良いと感じています。

50Wパネルの仕様。購入時期や店によって多少仕様が違いますが大体こんな感じ。

100Wパネルの仕様。

防雨ボックス内の端子もいっぱいいっぱい。

ケーブルが足りなくなってきたので二股のMC4コネクタを利用。

150Wのインバーター2台と冷却ファン、パルス充電器。

12V照明やインバーターで思いっきり使うと22Aほど流れます。

パネルから20A近い電流を吸い出しています。

電線の強化

3階から1階までVVFを通していますが長さは10mあります。この抵抗が馬鹿にならないような気がするので、これを複線化して少しでも効率を改善したいと思います。

3階から天井、壁裏を通ってケーブルが出てきました。

これで線径4.0mm相当。バッテリー側の線も太くする予定。

3階も複線化。20Aを超えてもブレーカーは下がりません。直流だから?電圧が低いから?

複線化の効果かどうかは分かりませんが入力側で2Aほどが増えました。

11月2日(晴れ時々曇り)で84Ah発(充)電しました。

あとはバッテリーが何年使えるか?です。

(2013-01-04 /slr520w)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル