電話子機用電池アダプターを作る

電話子機の電池が寿命のようです。純正の専用電池を買うと1,500円以上します。2.4Vのニッケル水素が1,500円は高いなぁと思い、100均の電池で代用できないか?と考えました。

単4二水電池2本を嵌めるだけで使えるようになりました。

Panasonic VE-GP10-S

電池を替える電話機の親機です。電話機ですが、テレビドアホン専用に使っています。

Panaのテレビドアホン親機と無線で繋げて使えば、ピンポン♪と鳴ります。

こちらが電池が寿命の子機。専用電池はニッケル水素を2本使ったタイプ。

[KX-FAN52] 2.4V 830mAh

よくあるコネクタで繋ぐタイプではなく、専用電池をはめ込んで使います。

電池分解

とりあえずシールを剥がして、樹脂を折って、セルを取り出してみました。

このセルを100均の単4Ni-MH[Volcano]と入れ替えれば使えそうな感じです。

接点の金属は剥がして再利用します。

この内蔵電池のセルを測ると全長50mmあります。何という規格なんでしょ?

太さは同じですが、単4Ni-MHは長さが6mmほど短いです。隙間を埋める必要があります。

電池ケース式のほうが簡単

100均電池をハンダ付けして専用電池を作るよりも、電池をそのまま嵌める形のほうが簡単だし、汎用性があって良さそうです。

電池接点は、タカチの単4用[IT-4WM]を切って使います。

金切りバサミで切って、大きさを調整しました。

接点をハンダ付け。反対側(折り返し)は接着剤で貼り付けました。

樹脂のカバーを接着剤で付けなおして、電池ケース(KX-FAN52アダプター)が完成。

電池を押さえるバネの強さも丁度良い感じです。

電池ケースごと嵌めて使います。(電池は充電器で充電済み)

表示が点いた! ただ、電池のインジケーターが1コしか点きません。失敗か?

しばらく充電台に置いておいたらバッテリーは満充電に変わりました。

充電中は電池が結構熱くなってましたが、満充電後は平温に下がりました。電池交換したのは昨年の秋頃なんですが、その後半年経っても特に問題は発生しておりません。(´∀`)b

(満足度:90)

関連する記事

6年以上使った電話機子機のバッテリーが寿命のようです。バッテリーのラベルを見るとニッケル水素3.6Vということで、3本直列につないであるみた...

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル

『電話子機用電池アダプターを作る』へのコメント

  1. 名前:OJISAN 投稿日:2018/04/17(火) 15:43:59 ID:1628d8bf1 返信

    あ、そうなんですか
    oink!さんの事ですから3Dプリンタでチョコチョコっと作ったのかなと
    思いましたが、そうですねこのほうが簡単で手っ取り早いですね
    もっと簡単に汎用電池で、交換できるようにしておいてくれるといいんですがね
    まあ、営利目的の企業ですから、それはムリと言うものでしょうね。

    • 名前:oink! 投稿日:2018/04/17(火) 17:43:48 ID:3a1e09059 返信

      元の電池が単4サイズだったらハンダ付けしていたと思います。単4に電池接点を加えたら丁度イイ長さになったので、上手く行きました。
      メーカーとしては充電電流に合わないニッケル水素を使われて、火でも吹いたら大変ということなんでしょうね。

  2. 名前:Sheepfactry 投稿日:2018/04/18(水) 01:44:41 ID:54d6327f1 返信

    構造的には「2CR5」と似てますね。2CR5も中身はCR123Aを2本直列に入れてあるだけなので、使い切った電池の中身抜いてフレームをちょっと加工すると似たような事ができます。
    CR123Aが必要な時に2CR5しか在庫なしだったのでバラして使った時に余ったフレームを加工してアダプターにしてあります。
    CR2Pも中身はCR123Aが2本なので同様のアダプターを作れます。

    • 名前:oink! 投稿日:2018/04/18(水) 08:17:39 ID:7b1342dab 返信

      確かに「2CR5」も構造は同じですね。
      しかしCR123A*2本で事足りるのに、わざわざ2CR5という規格があるのか不思議です。電池2本の入れ間違えを防止したいということなんでしょうか。
      アダプターに加工するなら、LR44*4でも行けそうですね。(汎用性とコスト重視で)

      • 名前:Sheepfactry 投稿日:2018/04/19(木) 02:33:49 ID:033f4dde7 返信

        CR123A互換のLi-Fe充電池と言うのがあるので、それを使うとかなりコスパ良くなります。私は富士フイルムの古いデジタル一眼レフ「Finepix S2Pro」で使うためにロワジャパン扱いの物を買いました。最近はCR123Aも入手性が悪くなっているので充電池があるのは助かります。

        2CR5やCR2Pは、入れる向きの間違い防止が理由だろうとは思います。あとは、一体化することで「新旧取り混ぜて使う」「複数銘柄を混ぜて使う」というのを防ぐ意味もあるのでしょう。
        LR44を4個だと「4LR44」にするアダプターとの2段構えとかですが、デジタルカメラで使う場合には無理がありそうです。消費電力の少ない機器で使う場合は良いかもしれないですね。

        • 名前:oink! 投稿日:2018/04/19(木) 07:51:49 ID:68258ed9c 返信

          互換の充電池があるなら、それを使うのがいいですね。
          2CR5のセルを外してCR123Aサイズが入ればいいですが、抜き差しするなら少し短い3Vの電池がベストかと思いました。(LR44しか思い浮かびませんでした。)
          ガンマイク用に以前作ったCR2互換のLR44*2アダプターは問題なく使えています。でもデジカメで使うには厳しいかもしれませんね。