スポンサーリンク

ブラウン・オーラルB 6年物 vs 新品

Braun Oral Bを新しく買い替えました。6年使ったオーラルBはまだ動きますが、多分パワーが落ちていると思います。ってことで、新旧オーラルB を比べてみようと思います。

新しく買った、ブラウン オーラルB すみずみクリーンEX 1モードタイプ D12013AE

Oral B すみずみクリーンEX

シンプルで安くて長持ちな、このオーラルBが気に入っています。これで4台目です。

本体部分は先代と同じですが、歯ブラシが新しくなっているようです。ブラシを傾けて植えることで、歯周ポケットを掃除しやすいということか。

充電台も以前と同じですが、電源コードが二重絶縁に変わってます。

取説にパチもんのブラシについての記載がありました。「非正規品のブラシヘッドをお勧めしません。」 そりゃそうだ。

新旧比較

6年使ったOral Bは、まだ普通に使えるのですが、過去の経験からすると、ちょっとずつパワーが落ちていると思います。コレが中々気づきにくいのです。

左奥:6年使ったD12013NE   右前:新品のD12013AE

新型のブラシは毛が斜めに植えられています。奥の旧型は2世代前のブラシだと思います。

※ヘタリ具合の比較は本記事の最後の動画を参照ください。

分解

新しいのが来たので、古いのはもう使うことは無さそう。早速分解。

綺麗! 今までの経験だと、防水が甘くてサビサビだったんですけど。

全然錆びてない! 組み戻してもうしばらく使おうかな。

一応ギア部分も見ておきます。

まだ使えそうですが、潔く廃棄することにしました。

廃棄する時は分解してニカド電池を外すように取説に書かれています。

ウチの場合は家電量販店などにあるリサイクルBOXに出すのが正しい方法です。

amazonで1,500円台

amazonは通常2,000円以上の商品は送料無料ですが、このオーラルB は1,569円 でした。

1,569円と安いです。あと431円分何か買わなきゃと思ったのですが・・・

↑この商品のように2,000円以上にしないと無料にならない訳では無いんですね。

amazonにしてみれば、431円分の商品をタダで客に渡すよりも良いということかな?

まとめ(動画)

  • 普及版オーラルBの最新型は替えブラシと充電台のコードが進化していました。
  • 長く使っているとモーターパワーが落ちてくるので3-4年で交換がイイと思います。
  • 替えブラシは新型EB-50の他に旧型EB-20やEB-17も付けられます。

関連動画

Oral-Bの分解修理
毎日使っている電動ハブラシが動かなくなりました。スイッチを強く押すと動くこともあるので、接点の問題ではないかと予想します。 先代のオーラルBも動かなくなって分解しました。その時は中がサビだらけでした。 これの前に使っていたブラウンOral...
ブラウン オーラルBいじり再び
先日修理したばかりのBRAUN oral Bですが、どういう訳か使い物にならない位トルクが弱くなってしまいました。そこで今度はバッテリーを交換してみることにしました。 基板からモーターとニカド電池を取り外します。 分解・電池交換 ニカ...
パチもんオーラルB替え歯ブラシ
ブラウンOral Bの純正替え歯ブラシを普通に買うと1本600円ぐらいします。なので安い並行輸入品をオクでまとめ買いしていました。しかし5年前に買った20数本のブラシも残り1個。 このBRAUNのFlexiSoftですが、とても純正ブ...

コメント

  1. mytoshi より:

    電源部はQi充電器と同じ原理ですね。
    送信機と充電器を筐体と共に何かに利用できそうです。

    ソーラーガーデンライトの回路と組み合わせて、スタンドから外した時や停電時には自動点灯するライトとか。

    筐体へ18650とパワーLED組み込めば強力ライトになりますね。
    ニッカドのままなら手前に抵抗器を追加して充電電流をトリクル充電レベルまで下げておけば大丈夫そうです。

    • oink! より:

      そうですね。Qiと同じ非接触充電ですね。
      このオーラルBの分解は3台目ですが、10数年前からほとんど変わっていない感じです。100VACからDCを取るのはイマイチ使い勝手が良くないです。数百円でQiを買ったほうが手軽な気がします。

      • mytoshi より:

        AC100VからDCを取るというよりも、NiCdを常時トリクル充電しておいて、停電になるとソーラーセルの電圧が下がった時と同じ動作になり昇圧回路が動作してLEDが自動的に点灯するという装置です。
        充電台から外せばいつでも懐中電灯として使える非常灯です。

        ソーラーガーデンライトのNiMHの代わりにNiCdを繋ぎ、ソーラーセルの代わりに従来NiCdに繋がっていた充電用電線をつなぎます。CL0116の回路図を参考に出来ます。
        そのままではトリクル充電以上の電流が流れると思うので、抵抗器を追加して電流を減らします。
        昇圧回路のインダクタは直流抵抗値が小さいタイプのものに交換しておけばLEDを100mA程度で点灯させられると思います。

        • oink! より:

          これを使って作るメリットってあるんでしょうか?
          私の場合、市販品にいいモノがあるなら買っちゃいます。
          もう本体は捨ててしまいましたが、充電台はプラグコードが使えるので
          取ってあります。

  2. ojisan より:

    充電部分ですね、これはトランスと一緒でしょうか
    電磁誘導じゃないんでしょうか?

    そういえば以前、宇宙空間に太陽光パネルを設置して
    地球に向けて発電した電力を送るって計画を
    なんかで、見たか読んだかした覚えがあるけども
    どうなったんでしょうね?

    • oink! より:

      >そういえば以前、宇宙空間に太陽光パネルを設置して

      開発は続いているんじゃないでしょうか?
      宇宙エレベーターってのも、いつ頃実用化されるんですかね。
      民間企業の宇宙旅行が現実のものになり、ドローンでの配達も現実となり・・
      自家用の一人乗りドローンは自作できそうなレベルですね。

タイトルとURLをコピーしました