ダイソーの「かかと専用クリーム」が終了

冬になると、かかとがガサガサになり、最悪の場合パカっと割れて痛くなります。そのため、数年前にダイソーで買った、「かかと専用クリーム」を塗っていました。

おろし金のようなヤスリで角質を削り落としてから、コレを擦り込みます。

やっと使い切った

固くなった角質には尿素が効くようです。

白いクリームが入っていました。5年ぐらい掛かってやっと空に。5年で100円は安い!

もう売ってない

ダイソーに行って、同じものを探したんですが、もう売っていないみたいです。で、代わりにアロエでしっとり素肌すべすべな「アロエスキンクリーム」を買ってきました。

アロエの保湿成分が効くだろうと期待。

これなら乾燥してヒリヒリする顔にも塗れるかと思います。

アロエということで緑色。着色料(青1黄4)による色だと思いますが。

容器の比較

2つを並べてみると、容器が良く似ています。同じものかも?

直径はどちらもフタの下の谷稜線部で57.5mmと、全く同じ。

底の回り止めの太さが微妙に違いますね。

フタのSR(球R)が、かかと専用クリームのほうが小さいようです。

ということで、金型は別物のようです。
だから、どうしたって話なんですが、このクリーム容器が小物入れに丁度イイんですよ。

容器の再利用

空になった容器を綺麗にして、小物入れとして再利用しようと思います。
はじめに台所洗剤で中のクリームを洗い流し、外側の印刷を研磨剤で消してしまいます。

研磨剤をウェスに付けて擦れば簡単に印刷を落とせます。

研磨剤はダイソーの青いヤツ。(サビ・水あか等の汚れスッキリ!)

全ての印刷が消えました。

調剤薬局で買うクリームのよう。このサイズの容器は100均では売ってないんですよね。

分解した時に出る小物を一時的に入れておく容器として最適。

ちなみに中、右はダイソーで売っている、ネジフタ式の小さめの容器。

まとめ

「かかと専用クリーム」は既にディスコンになっているようですが、「アロエスキンクリーム」が現在入手出来るクリームの中では一番近いのではないかと思います。実際に使ってみると、「かかと専用クリーム」よりも粘度が少し緩い感じです。また、尿素が入っていないからか、かかとが硬いままで柔らかくならないような気がします。尿素を加えれば、「かかと専用クリーム」の使用感になるのではないかと思い、この後尿素を混ぜたものを作ってみました。これについては、また改めてレポートしたいと思います。↓

今はもうダイソーで売っていない「かかと専用クリーム」の代わりとなるクリームを自作しました。自作と言っても、後継の保湿クリームに尿素を加えるだ...

クリーム容器の印刷を消すには、ダイソーの「サビ・水あか等の汚れスッキリ!」をウェスに取って擦り込むと簡単に消えます。ダイソーでは白いパッケージの似た商品も売ってますが、中身は同じようなものではないかと思います。

スポンサーリンク
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル

『ダイソーの「かかと専用クリーム」が終了』へのコメント

  1. 名前:ojisan 投稿日:2019/01/27(日) 15:00:17 ID:ddcbc54e0 返信

    はいはい
    いいですね、かかとのガチガチはいやですもんね
    自分は、COOPのつるつるフットローションなるものを使ってます
    容器はムヒみたいな、スポンジのついたやつです
    一週間もつければ、つるつるまではならないが、いい感じになりますよ
    でも、付けた後ちょっとべたつくのが欠点かな
    これも、尿素入りです
    でもダイソーとはねぇ・・・びっくりですね

    • 名前:oink! 投稿日:2019/01/27(日) 15:53:30 ID:eb0a1b7dd 返信

      ダイソーの化粧品関連は割と使える商品がありますね。
      一番良く買うのは除光液ですが、これは塗料や接着剤で汚れた指を拭いたりするのに使えます。体につけるものでは4-5年前に酒の乳液も買いました。でもあまり使わないので減りません。
      リンスインのトニックシャンプーもいいですね。これは現在使用中です。