細ノズルチャッカモン1

香港ストーブ用にチャッカマン型ライターを作りました。

直径2.8mmの細いノズルなので余裕で隙間に入ります。

市販のロングノズルライター

市販のロングノズルのライターは直径が10mmぐらいあって、燃焼筒の隙間に入りません。

細いノズルのライターって売ってないみたい。じゃあ作るか。

ダイソーで買ったコレをベースにして、細いノズルに付け替えます

分解

分解前にシールを剥がします。

ネジの頭が潰れていて外れず、力技でばらしました。

ノズルの中にはプラスチックのフレーム。チューブとコードが先端まで伸びていました。

加工

短く切って穴あけ加工。ロッドアンテナから外したΦ2.8mmのパイプを使います。

ガスチューブはパイプ内に遊ばせておき、火花を飛ばす圧電素子は外しました。

黒いエアチューブがクッションになって適度に曲がります。

使用方法

トリガーを引いて、別のライターで火を点けます。

隙間に余裕で入ります。

順番に芯に火を点けていきます。

一応完成。でも、どうせなら元のようにトリガーを引いたら自動で点火する形にしたいと欲が出てきました。ということで作り直しです。続きはまたあらためて。

(2015-02-02 /hoso_chakka)

スポンサーリンク
336×280 レクタングル
336×280 レクタングル

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
336×280 レクタングル