スポンサーリンク

【全自動】あかりファンの修理交換(その2)【改造】

「あかりファン」を改造し、全自動で照明と換気扇が動作するようになりました。

紫外線で黄変していた外装もきれいになりました。

分解・組立

改造前のあかりファンです。ACファンは焼けてしまったのか、直接100Vを加えてもピクリとも動きません。まずはコレを壁から取り外し、バラバラにして掃除したいと思います。

【全自動】あかりファンの修理交換(その1)【改造】
ウチのトイレには照明と換気扇が一体となった「あかりファン」が付いています。あかりは問題ないのですが、ファンは10年ほど前から動かなくなっています。 25年選手なんで樹脂の日焼けがひどいです。今回はこれをいじくります。 調査 ...

カバーを外した状態。これを壁から取外した後、仮の照明を取付けました。(前回の記事

全てのパーツを取り外し、洗剤で洗ってきれいになったベース。

照明部分を分解清掃しました。ソフト点灯と明るさセンサーの基板はそのまま付けています。

E17ソケットはコードを切断し、平行コードを繋げました。

照明器具の組み立てが完了。

新しく買ったオムロンの低速型ACファンも取り付けました。

端子台をそのまま流用します。

上図のように配線しました。スイッチは2線式の「かってにスイッチ」WTK12749W

塗装

日焼け黄変した樹脂カバーは缶スプレーで白く塗装することにしました。

シールをソルベントで剥がし、台所洗剤で洗います。

ホワイトプラサフを吹いてから、198円のアクリルスプレー(白)で。

表面に出るパーツも同様に塗装します。

施工

まずは天井点検口に半身を入れて、壁スイッチに繋がったVVF-2CをVVF-3Cに交換します。

2本の先にあかりファンがあります。壁スイッチの線の方に3Cをビニルテープで繋げます。

壁スイッチ側からVVFを引っ張って通し、「かってにスイッチ」の接続が完了。

2Cの電源線の方は100Vが来ているので、ビニルテープで絶縁しておきます。

あかりファン(改)を壁に取り付け、電源線と壁スイッチ線の接続が完了。

動作確認OKです。だたし、カバーがファンのコネクタ部分に当たって閉まりません。

カバー内側のペン書きした所をミニルーターで切り取ることにしました。

カバーを付けて、完成!

調光器対応LED電球を取り付けました。ソフト点灯、ほんのり点灯など、イイ感じです。

センサーの感度や動作時間等を設定すれば、あとは一切スイッチに触れることはなく、全自動です。トイレに人が入るとあかりが点き、換気扇が回ります。出るとあかりが消え、設定した時間(5分~30分)に換気扇が切れます。これは便利! (満足度:90)

コメント

  1. ojisan より:

    う~ん

    いいですね、まるで新品みたいです
    でも、パナってこう言う商品って作るのがうまいですよね
    いわゆる痒いところに手が届くってやつですよ
    デザインもいいと思います
    oink! さんの腕もいいですね・・ほれぼれです

    • oink! より:

      ありがとうございます。
      屋内の黄ばんだ樹脂は順次塗装しているのですが、
      198円の缶スプレーでも全く問題ないですね。

      >でも、パナってこう言う商品
      時代は変わりました。
      総合電気メーカーと言える会社がもうパナしかないんですよね。
      住設機器はパナが安泰ですね。

タイトルとURLをコピーしました